無料でブラインドタッチ(タイピング)の練習する方法とホームポジションの位置を解説


パソコンでメールを作成したり、仕事で資料の作成したりする際に、効率よくタイピングできたらいいと思いませんか?


ブラインドタッチというタイピングスキルは、「パソコンで素早い文章の入力」「入力ミスを減らす」などの利点があります。キーボードを見ないで入力するので、快適にパソコン操作ができて時間の短縮にもなります。


本記事では、ブラインドタッチを練習する方法と指先のホームポジションについて紹介します。


このような方におすすめです。

  • ブラインドタッチを習得して素早くキーを入力したい方。
  • 指のホームポジションとそれぞれの指の使い方を知りたい方。
  • タイピングの練習が長続きしないで、すぐ飽きてしまう方。


それでは、みていきましょう。



ブラインドタッチを練習するための要点【3つあります】


ブラインドタッチの練習(習得)には、以下のポイントが重要です。


①指の位置(ホームポジション)


キーボードの入力時、ホームポジションと呼ばれている指先の位置が決まっています。すべてのキーに届きやすい特徴があり、10本すべての指を動かすためタイピングスピードが向上できます。正しいポジションを理解することからブラインドタッチの練習を開始しましょう。


ホームポジションの正しい位置は、「F」と「J」のキーに、左手と右手の人差し指を置きます。
※各キーの表面に凸があるので、分かりやすいと思います。



「D」と「K」は中指、「S」と「L」は薬指、「A」と「+」は小指で、それぞれのキーがホームポジションになります。



それぞれの指が担当するキーは、下記を参考にしてください。



以上で、ホームポジションと指の使い方(タイピング方法)の解説はおわりです。



②ブラインドタッチの習得には毎日の練習が重要


ホームポジションを理解しても、ブラインドタッチがすぐにできる訳ではありません。
それぞれの指を動かす練習が必要になります。初めのうちはキーボードを見てもいいので、各キーの位置を確認しながら打鍵することを意識します。


少し慣れてきたら、モニター画面を見て入力できるか試してみましょう。苦手なキーが見つかると思うので、克服できるようにタイピングの練習を続けます。


ブラインドタッチ習得のためのコツは、短い文章でもいいのでタイピングの練習が大切だと思います。小説などを書き写す模写は、ライターを目指している方には語彙力や文章力の向上にもなっておすすめです。


ブラインドタッチの習得には、毎日の積み重ねがとても大切になります。



③モチベーション維持して練習するには、自分に合ったキーボードを使ってみましょう。


指がすぐに疲れる場合は、キーボードが合わない可能性も考えられます。
自分に合うキーの深さになるだけでも指に与える負担が違います。長時間のタイピングが必要な際には、負担が軽減できるキーボードを使うことで改善できるかもしれません。


キーボード選びに重要な点は以下の通りです。

  1. キーストロークの深さ:キーを打つときの深さのこと。指への負担が違う。
  2. キーピッチ:キー同志の隙間のこと。指の移動距離や位置感覚に影響を与える。


ゲーミングキーボードは値段が高いだけあって、実は使いやすい特徴があります。キーの深さやキーピッチまで細かく選べたりできるので、自分に合うキーボードが見つかるかもしれません。


おすすめのキーボードが知りたい方は、「初心者におすすめのゲーミングキーボードを厳選したのでランキング紹介15選」から是非ご覧ください。



無料でブラインドタッチの練習ができるソフトを紹介


楽しく練習できる無料のタイピングソフトを紹介します。ブラインドタッチの練習はシンプルな作業になるので飽きやすいです。ひたすらタイピングし続けるだけではなく、遊びの要素を取り入れることも大切かと思います。


下記で紹介している「タイピング・オブ・ザ・デッド 体験版」は、完成度が非常に高くておすすめです。ブラインドタッチを練習している方には、是非インストールして欲しいです。

≫タイピング・オブ・ザ・デッド 体験版 をPCにインストールする方法



さいごに


ここでは、ブラインドタッチの練習に必要な指の位置や無料の練習方法を紹介してきました。


筆者自身はブログの執筆時間を短くするために、ブラインドタッチの練習を行っていました。何か目的を持って取り組むことは、モチベーションの維持に効果的かと。結果、毎日続けられましたので良かったです。


「カッコいいキーボードを使う」「何か面白いゲームアプリを見つける」など練習ができる環境を整える努力も大切だと思います。短い練習時間だったとしても、ブラインドタッチの練習には毎日続けることが習得の近道になるのではないでしょうか。



おすすめ関連記事


タイピングの助けになる有料のソフトを紹介しています。子供から大人までブラインドタッチの練習ができるので、よかったらご覧ください。

≫【初心者・子供向け】有料タイピングゲームのおすすめ10選



タイトルとURLをコピーしました