【初心者向け】ブラインドタッチを習得するための方法【タイピング練習法】


パソコンでメールを作成したり、仕事で資料の作成したりする際に、効率的にタイピングできたらいいなと思いませんか?


「パソコンで素早い文章の入力」「入力ミスを減らすなどのメリットがあって、身に着けたいPCスキルがブラインドタッチになります。


本記事では、キーボードを見ないで入力するブラインドタッチの習得には、何が必要なのか紹介していきます。


このような方におすすめ。

  • ブラインドタッチを習得するための手順を知りたい方。
  • 指のホームポジションや動かし方をマスターしたい方。
  • タイピングの練習が長続きしないで飽きてしまう方。


会社で勤めていると、ブラインドタッチは必須スキルになりますので、ぜひマスターして欲しいです。


それでは、みていきましょう。



ブラインドタッチが習得できる3つのポイント


ブラインドタッチが習得できるための手順やポイントを3つ紹介します。


①指の位置(ホームポジション)


ブラインドタッチの習得には、ホームポジションと呼ばれている指の正しい位置を知る必要があります。


キーボード上では、指の基本位置が決まっていて、その場所から各キーにアクセスします。


ホームポジションの基本スタイルは、「F」と「J」のキーに、左手と右手の人差し指を置きます。
※各キー表面に凸があるので、分かりやすいと思います。



「D」と「K」は中指、「S」と「L」は薬指、「A」と「+」は小指で、それぞれのキーがホームポジションになります。



それぞれの指が担当するキーは、下記を参考にしてください。



以上で、ホームポジションの解説はおわりです。



②ブラインドタッチ習得には毎日の練習が重要


ホームポジションを理解したら、次に指の動かし方を練習します。初めのうちはキーボードを見てもいいので、各キーの位置を確認しながら打鍵することを意識します。


少し慣れてきたら、モニター画面を見て入力できるか試してみましょう。苦手なキーが見つかると思うので、克服できるようにタイピングの練習を続けます。


ブラインドタッチ習得のためのコツは、短い文章でもいいのでタイピング練習が大切だと思います。小説などを書き写す模写は、ライターを目指している方には語彙力や文章力の向上にもなっておすすめです。


少しの時間でもいいので、毎日の練習がとても大切です。



③自分に合ったキーボード選び【習得スピードが変わる】


メールを作成している際に、指がすぐに疲れやすい人は、キーボードとの相性が悪いかもしれません。


キーボードにも細かな特徴があって、キーの打鍵感が少しづつ違います

  • キーストロークの深さ:キーを打つときの深さのこと。指への負担が違う。
  • キーピッチ:キー同志の隙間のこと。指の移動距離や位置感覚に影響を与える。


快適なタイピングには、キーの打鍵感や打鍵音など自分に最適なキーボード選びが大切になります。


普通のキーボードからゲーム用まで幅広く紹介していますので、よかったら参考までにご覧ください。

≫【安い】有線/無線キーボードのおすすめ11選



無料ゲームでブラインドタッチを習得しよう


ブラインドタッチを習得するためとはいえ、ひたすら練習用の文章を入力し続けることは飽きたり、ストレスを感じたりします。ここでは無料で楽しく遊べて、習得できるPCゲームを紹介します。


これは体験版になるのですが、完成度が非常に高くて夢中になれるタイピングゲームです。ブラインドタッチを楽しく習得したい方は、是非インストールしてみてください。

≫タイピング・オブ・ザ・デッド 体験版 をPCにインストールする方法



さいごに


ここでは、ブラインドタッチの習得に向けて役に立つ情報を紹介してきました。


筆者自身はブログの執筆時間を短縮したかったために習得したブラインドタッチになります。何か目的を持って取り組むとモチベーションが維持できて、マスターしやすいと思います。


「カッコいいキーボードを使う」「何か面白いゲームアプリを見つける」など何でもいいので、練習のモチベーションを維持できるようにして欲しいと思います。


気まぐれの偏った練習よりも、少しづつでも毎日の継続が大切です。



おすすめ関連記事


おすすめの有料ゲームを紹介しています。子供から大人までブラインドタッチの習得ができるので、ぜひご覧ください。

≫【初心者・子供向け】有料タイピングゲームのおすすめ10選



タイトルとURLをコピーしました