【ブルーライトの影響】人体に及ぼす睡眠の危険性について


ブルーライトが人体に危険を及ぼしていることは、なんとなく知っている人が多いと思われます。「視力の低下」「目の疲れから来る頭痛」などの悪影響が一般的な知識として理解されているのではないでしょうか。


ここでは、一日中スマホやパソコンを使う人のために、ブルーライトが引き起こす人体への危険性について紹介します。


本記事では、以下の内容で説明しています。

  • ブルーライトの影響とは?【人体への危険性】
  • ブルーライトの光量を軽減する方法


ブルーライトについて正しく理解することで、目の健康を守ることができます。


それでは、みていきましょう。



ブルーライトの影響とは?【人体への危険性】


2つの危険性があります。



①視力の低下


長時間PCモニターを見ていて眼球に疲れや痛みを感じたら、視力が低下する要因だといわれています。


ドライアイの症状が引き起こされたり、視野がぼやけたり、ひどい場合は肩こりや頭痛に発展したりすることもあります。



②規則正しい睡眠がとれなくなる


ブルーライトは、太陽光の中に含まれていて体内の時計を調整する役割があると考えられています。


夜の時間帯にブルーライトを浴び過ぎると体内バランスが崩れて、深い睡眠がとれなくなります。


睡眠不足とは脳に慢性的な疲れが溜まった状態のこと。ホルモン分泌や自律神経に悪影響を及ぼして、「頭の回転力の低下」「肌荒れ」「朝から疲れを感じ続ける」などの症状が引き起こされる。


寝る前にスマホを触る行動は危険なので控えましょう。



ブルーライトの光量を軽減する方法


ここでは、PCモニターから出ているブルーライトの量を軽減する方法を紹介します。スマホでも十分に活用できるようになっています。


2つ紹介します。



①ディスプレイを目に優しい明るさに設定


ディスプレイの明るさ変更して、ブルーライトの光量を調整します。明るすぎても暗すぎても目に負担がかかるので、最適な明るさの設定があります。


PCモニターを最適な明るさに調整する方法は、「PCモニターを目に優しい明るさ設定にしよう【輝度の基準】」で説明していますので、ご覧ください。



②ブルーライトカットメガネ


お手軽にかつ経済的にブルーライトの軽減が可能です。


超軽量サイズの丸縁形状。男女兼用なので家族間で使い回してもOK。



弾力性に優れフィット感のいい掛け心地。疲れにくい設計で安全に目を保護。



安いけど性能は最高の出来上がり。コスパに優れた人気トップ3。



3~12才対象の子供用。日常的に保護してあげられる優しさを与えられます。



さいごに


ここでは、ブルーライトが目に及ぼす影響について紹介してきました。


目から何かを見るということは第五感のひとつである視覚になります。平衡感覚などの重要な機能を担っているうえ、8割以上の情報源は目から得ています。


目の健康を守ることは、ストレスの軽減、適度な睡眠、美肌など身体の健康維持にも繋がっていることをお忘れなく。



タイトルとURLをコピーしました