ブルーライトが引き起こす影響とは?【パソコンやスマホの見過ぎは危険です】


ブルーライトが人体に悪影響を及ぼすことは一般的によく知られています。しかし、具体的にどのような危険が伴うか理解されている方は少ないです。


ブルーライトが引き起こす影響は何か?モニター画面から出る光量の軽減策が知りたい、などの疑問について回答します。


本記事では、以下の内容で説明しています。

  • ブルーライトが引き起こす影響【目への危険性】
  • モニターのブルーライトの光量を軽減する方法


ブルーライトについて正しく理解することで、目の健康を守ることができます。


それでは、みていきましょう。



ブルーライトが引き起こす影響【目への危険性】


2つの悪影響について紹介します。



影響①:視力の低下


長時間パソコン画面を見続けたら、眼球に疲れや痛みを感じて視力が低下する要因といわれています。


視野がぼやけたりドライアイなどの症状が引き起こされることもあります。



影響②:規則正しい睡眠がとれなくなる


太陽光の中にもブルーライトが含まれています。


体内時計を調整する役割があるため、夜間時に浴び過ぎると体内リズムが崩れるといわれています。


そのため、深い睡眠がとれなくなり、脳に慢性的な疲労が溜まりやすくなります。



モニターのブルーライトの光量を軽減してみよう


長時間パソコンで作業する場合は、ブルーライトを軽減して目を保護する対策をおすすめしています。


以下では、2つの対策を紹介します。



①ディスプレイを目に優しい明るさに設定


ディスプレイの明るさ調整して、ブルーライトの光量を減らします。


明るすぎても暗すぎても目に負担がかかるので、ベストな明るさに設定することがおすすめです。


PCモニターを最適な明るさに調整する方法は、「PCモニターを目に優しい明るさ設定にしよう【輝度の基準】」で紹介していますので、ご覧ください。



②光量のカット


PCモニターやスマホ画面から出ている光量のカットについて紹介します。



保護フィルムを付ける


モニターに張り付けるだけで、とても簡単です。49%のブルーライトカット率を実現しているため、目に優しくなってます。



専用メガネをかける


使用したその日で違いが実感できます。目の疲れや痛みが軽減したり、眠りが深くなったりと効果が期待できます。


一日中、パソコン画面を見る方にはおすすめです。



ブルーライト軽減のモニター


一般の作業用からPCゲーム用まで幅広く対応しています。スピーカーが内臓しているため非常にお得感あり。


性能、価格共にコストパフォーマンスが高く人気おすすめになっています。



さいごに


仕事などの理由で長時間パソコンを使用する場合は、途中で休憩を挟むなどして負担を軽減できるように心がけることが重要です。


身体にかかるストレスの緩和に繋がって、健康上とても大切なことです。


ブルーライトが人体に引き起こすリスクを理解したうえで、軽減対策を行うことが必要です。


以上で、おわりです。



タイトルとURLをコピーしました