パソコンのブルーライトをカットする無料ソフト「f.lux」を使って目を保護する方法


パソコン画面をブルーライトカットできる無料ソフトを探している方向け。


このような方におすすめです。

  • モニター画面を目に優しい設定にしたい方。
  • 長時間パソコン作業している方。
  • モニターを見た後、眼疲労やかすみ目になる方。


本記事では、ブルーライトカットする無料アプリをPCにインストールする方法の紹介になります。


ブルーライトカット機能を活用して、目の健康を守ることは大切なことです。


それでは、みていきましょう。



ブルーライトカットの無料ソフトを紹介【Windows10】


多くの機能が搭載されている「f.lux」というソフトを紹介します。

  • 時間設定してブルーライトカットの強さを変更できる。
  • PCのモニター画面を好みの明るさに調整できる。


自分好みの設定にして、目に優しい環境でパソコン作業ができます。



「f.lux」ソフトの無料ダウンロードと使い方


「f.lux」ソフトの無料ダウンロードと使い方を紹介しています。


ダウンロード・インストールの方法


下記リンクから、ソフトをダウンロードします。

≫「f.lux」の無料ダウンロードはこちら


「Download f.lux」をクリックします。



「ダウンロード」フォルダーに、ファイル(flux-setup.exe)がダウンロードされます。



ダウンロードファイル(flux-setup.exe)を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。



「ユーザーアカウント制御」が表示したら、「はい」を選びます。



「Accept」をクリックします。



インストールが完了したら、OSの再起動が必要なので「Restart Now」をクリックします。



パソコンの起動後、このような画面が表示されたら現在地の郵便番号を入力します。



以上で、「f.lux」ソフトのインストール手順は終わりです。



「f.lux」ソフトの使い方


タスクバー上にある「f.lux」アイコンをクリックしたらソフトが起動します。



ソフトが立ち上がった画面。スライドバー上をクリックしてブルーライトカットを決めます。



日中(Daytime)、夕方(Sunset)、夜間(Bedtime)、3つの時間帯に分けてブルーライトの量をカットできる特徴があります。



このソフトは、1200K~6500Kの範囲で調整できるので、自分の環境に合わせて変更できます。



以上で、ソフトの使い方の説明はおわりです。



ブルーライトカットの効果とソフトのおすすめ設定


ブルーライトカットのおすすめ設定を紹介しています。


効果


光の色の強さをK(ケルビン)で表します。


数値が高くなると画面が明るくなってブルーライトの量が増えます。逆に、数値が小さくなると画面全体が黄色味を帯びてブルーライトがカットされます。


おすすめ設定


ここでは、目に優しいブルーライトカットの設定を紹介します。

時間帯推奨する光量(K)効果
日中(Daytime)3400~3700K少し画面が黄色になっていると実感できる。
夕方(Sunset)3100~3400K慣れたら違和感のないレベルの変化。
夜間(Bedtime)2700Kくらいはっきりと黄色味が帯びていることを感じる。


個人差はあると思いますが、暗くなく明る過ぎない設定にしていますので、よかったら実践してみてください。この明るさに慣れたら、目に掛かる負担は軽減されると思います。


紫外線もカットしたい方には


PCモニターから出ているブルーライトと紫外線99%以上をカットするフィルムがあります。


紫外線の削減に興味がある方は、「ブルーライトカットフィルムのおすすめ8選【PCモニターの色が変わらないタイプも紹介】」を参考にご覧ください。



おすすめ関連記事


紫外線も削減するおしゃれなブルーライトカットメガネを紹介していますので、よかったらご覧ください。

≫おしゃれなブルーライトカットメガネのおすすめ12選【大人・子ども向け】



タイトルとURLをコピーしました