ファイヤーウォールを無効に設定する方法 [Windows10]


Windows10デフォルト状態時のファイヤーウォールは有効(オン)になっています。ここでは、無効にする方法を紹介しています。長期的に無効にしておくことは、コンピュータウイルスの感染リスクが上がるためにオススメしていません。


ファイヤーウォールは外部の悪意のあるプログラムから不正なアクセスなどを防ぐためのシステムとしてWindows10に導入されていますが、ファイヤーウォールが原因で一部のアプリがパソコンにインストールできない時があります。このような時は、無効にした後にインストールしたら成功する場合があります。ここでは、「無効状態に切り替えるための方法」を説明・解説していきます。


それでは、みていきましょう。


ファイヤーウォールを無効状態に切り替えるための2つの方法


有効から無効に切り替えるための2つの手順を、ここでは紹介していきます。

  • 「設定」からの変更
  • 「コントロールパネル」からの変更


「コントロールパネル」からの手順は、従来からある変更の方法になります。こちらの方が馴染みがあって使いやすいかもしれませんが、両方とも同じ結果になるので、実際に操作して確かめてみましょう。


「設定」画面からの変更手順


Windows10ディスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上にのせてから「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開くので、「更新とセキュリティ」から次に進みます。



「更新とセキュリティ」が表示されるので、画面の左側にある「Windowsセキュリティ」から「ファイヤーウォールとネットワーク保護」の順番にクリックします。



次に「ドメインネットワーク」を選択して、オフの状態に切り替えていきます。



「Microsoft Defender ファイヤーウォール」をオンからオフに切り替えます。



「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、「はい」を選択します。



「ドメインネットワーク」は無効にすることができました。残り2つの「プライベートネットワーク」「パブリックネットワーク」も同様に変更していきましょう。



「コントロールパネル」からの変更手順


Windows10デスクトップ画面の「スタート」ボタンからスタートメニューを表示させます。アプリの一覧を下にスクロールして「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」の順番にクリックします。



「コントロールパネル」が表示されるので、「システムとセキュリティ」から次に進みます。



このような画面になったら、次に「Windows Defender ファイヤーウォール」をクリックします。



画面の左側にある「Windows Defender ファイヤーウォールの有効化または無効化」をクリックします。



「プライベートネットワーク」と「パブリックネットワーク」の2つの項目を無効にして、「OK」ボタンから画面を閉じたら操作の完了です。



状態の確認をしてみましょう。2つの項目が「無効」になっていたら、無効にするための操作は完了です。



ファイヤーウォールを無効から有効に戻す方法


ここから、有効に戻すための方法を紹介していきます。無効化を維持しなければならない理由がない限りは、有効状態に戻しておくことをオススメしています。基本的に無効にする方法と同じ手順になるのですが、元に戻すための2つの手順を簡単に説明しているので、みていきましょう。


「設定」画面から戻す手順


「スタート」ボタンをクリック→「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windowsセキュリティ」→「ファイヤーウォールとネットワーク保護」の順番にクリックします。


ここでは、「設定の復元」のボタンから復元させることが可能です。もしくは、「ドメイン」「プライベート」「パブリック」の3つのネットワークを全てオンに切り替えていきます。



「コントロールパネル」から戻す手順


スタートメニューから「コントロールパネル」を開けます。次に「システムとセキュリティ」→「Windows Defender ファイヤーウォール」→「Windows Defender ファイヤーウォールの有効化または無効化」の順番にクリックします


「ファイヤーウォールを有効にする」に2カ所の変更ができたら、「OK」ボタンからウインドウを閉じて操作は終了になります。



タイトルとURLをコピーしました