Windows10のファイヤーウォールを無効にする方法


Windows10のデフォルト状態で、ファイヤーウォールは有効に設定されています。インターネット経由の不正なアクセスから守るために重要なセキュリティシステムです。


本記事では、Windows10のファイヤーウォールを無効に切り替える方法を紹介します。ネットワークセキュリティの安全のため、長期的な無効はおすすめしません。


ファイヤーウォールが原因となって、一部のアプリがWindows10にインストールできない場合があります。上記で紹介した手順から無効にしたらインストールできることがあります。


それでは、みていきましょう。



Windows10のファイヤーウォールを無効に切り替える2つの方法


以下、Windows10から無効に変更するための2つの手順を紹介します。

  1. 設定
  2. コントロールパネル


①「設定」からの変更


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上に移動して「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開いたら、「更新とセキュリティ」を選択します。



「更新とセキュリティ」が表示したら、画面左側から「Windowsセキュリティ」を選択します。次に、「ファイヤーウォールとネットワーク保護」をクリックします。



下記画面では、「ドメインネットワーク」を選択します。



「Microsoft Defender ファイヤーウォール」をオンからオフに切り替えます。



「ユーザーアカウント制御」が表示した場合は、「はい」を選択します。



「ドメインネットワーク」を無効にすることができました。
「プライベートネットワーク」と「パブリックネットワーク」も同様の手順で変更していきましょう。



➁「コントロールパネル」からの変更


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを表示させます。アプリの一覧にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」をクリック。



「コントロールパネル」が表示したら、「システムとセキュリティ」を選択します。



下記画面では、「Windows Defender ファイヤーウォール」を選びます。



画面左側から「Windows Defender ファイヤーウォールの有効化または無効化」をクリックします。



「プライベートネットワーク」と「パブリックネットワーク」の2つの項目を無効にして、「OK」ボタンをクリックします。



状態について確認します。「プライベートネットワーク」と「パブリックネットワーク」の両項目が「無効」になっていたらOKです。



以上で、Windows10のファイヤーウォールを無効にすることができました。


コントロールパネルは従来からの変更方法になるため馴染みがあって、Windows10でも直感的に使用できてしまいます。両手順とも同じ結果になるので、お好みの方を選んでください。



ファイヤーウォールを無効から有効に戻す方法【Windows10】


Windows10のファイヤーウォールを無効から有効に戻す手順の紹介です。無効に維持する理由がない限りは、有効に戻すことをおすすめ。基本的に、無効にする方法と同じ操作なので簡単です。


「設定」画面から戻す


Windows10の「スタート」ボタンをクリック→「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windowsセキュリティ」→「ファイヤーウォールとネットワーク保護」


下記画面では、「設定の復元」のボタンから復元させることが可能です。
「ドメイン」「プライベート」「パブリック」の3つのネットワークが全てオンに切り替わります。

「ドメイン」「プライベート」「パブリック」をひとつひとつ手動で切り替えることも可能。



「コントロールパネル」から戻す


Windows10のスタートメニューから「コントロールパネル」を開けます。「システムとセキュリティ」→「Windows Defender ファイヤーウォール」→「Windows Defender ファイヤーウォールの有効化または無効化」


2カ所ある「ファイヤーウォールを有効にする」を変更するだけです。



以上で、Windows10のファイヤーウォールを無効から有効に戻す操作は完了です。



タイトルとURLをコピーしました