HDDの発熱原因と温度の確認ができるフリーソフトを紹介


最近、ハードディスクの温度がいつもより高い気がします。大切なデータを保存しているので、突然パソコンが使えなくなるのは困ります。HDDの急激な発熱を防いだり、温度確認したりできる方法はないのでしょうか?


このような悩みを解決します。


本記事では、HDDの発熱原因と温度確認できるフリーソフトを紹介します。


ハードディスクの急激な温度変化はパソコン本体の寿命に影響するので、適切な対処が求められます。


それでは、みていきましょう。



HDD(ハードディスク)の適切な温度とは?


HDD動作時の温度は、50度以下が適切だといわれています。50度を超える発熱が続く場合は、故障率が大きくなり危険な状態です。


ヘッドの動作に不具合が生じて記録ディスクを傷付けることがあります。このような理由から、データの読み書きが不安定になりハードディスクの寿命が短くなります。


3.5/2.5インチの発熱の違い


3.5/2.5インチ 両ハードディスクの構造に違いはないので、限界温度は共に50度になります。


ただし、2.5インチの方は消費電力が小さいため、発熱は抑えられて熱問題は起こりにくいと考えられます。


SSDとの温度比較


SSDはデータを高速処理する際に消費電力が必要になるため発熱量は大きくなります。HDDよりも高い70度まで許容できる温度になっています。



HDDの発熱原因と安全に温度を下げる方法


HDDの発熱原因と安全に温度を下げる方法を紹介しています。


発熱の原因


3つの発熱原因があります。


発熱①:ファンの故障/トラブル


排熱用ファンの動作不良によりパソコン内に留まっている熱が排出されていないトラブルが考えられます。


ケーブル類とコネクターが正常に繋がっていることを確かめた後に、ファンの動作確認をして原因を導き出します。


発熱②:ごみやホコリの蓄積


ごみやホコリが冷却ファンに蓄積することで、しっかりと排熱できなくなることが発熱の原因になります。特にノートPCのファンは小型化になっているので、排熱量がどうしても少なくなります。


定期的にメンテナンスや掃除を行うことで、発熱のトラブルを回避します。


発熱③:大容量のデータ処理


データを読み書きする際に消費電力が必要になるので、このときに発熱します。大容量のデータ処理は発熱時間が長くなるので、温度が上がりやすくなります。



温度を下げる方法


適切な対処法は、パソコンの電源を切って発熱を防ぎます。涼しい場所に置いて温度を下げることも効果的になっています。


ノートPCは熱が逃げにくいので、冷却台を利用してパソコン本体の温度を下げることはお勧めです。



発熱後、やってはいけないこと

  • HDDに結露が発生するので、保冷剤などを使って急速な冷却はしない。
  • HDDに負担がかかるため、電源のON/OFFは繰り返し行わない。



パソコン温度の上昇を抑えるコツ

  • 夏の季節はクーラーで温度調節して涼しい環境を作る。
  • 排熱用のファンが機能するため定期的な掃除をする。



HDDの温度を確認できるフリーソフトの紹介


「CrystalDiskInfo」というフリーソフトの紹介です。

≫「CrystalDiskInfo」のダウンロード(窓の社に移動)


ハードディスクの温度や健康状態(寿命)が表示されています。使い方もシンプルなので誰でも簡単に確認できます。



ソフトの詳しいインストール手順は下記で説明していますので、よかったらどうぞ。

≫外付けHDDやSSDの寿命を診断(確認)する方法【内蔵タイプでもOK】



さいごに


ここでは、ハードディスクの発熱原因と安全に温度を下げる方法について紹介してきました。


一般的にHDDの寿命は3年くらいと言われていますが、使い方によって10年くらい使い続けられます。


パソコンを少しでも長持ちさせたい方は、発熱対策や温度管理をして使うことが重要です。



おすすめ関連記事


外付けハードディスクのおすすめを紹介していますので、よかったらご覧ください。

≫【安い】外付けHDDの人気おすすめ14選



タイトルとURLをコピーしました