iTunes m4aからmp3へ変換する方法 [Windows10]


数多くある変換方法の中からiTuneのアプリを使用して、m4a(mp-4)からmp3(mp-3)に変換することができます。iTunesとは、「iTunesのインストール方法 [Windows10]」でも説明していますが、主に音楽再生プレイヤーとして活用します。wav、wmaなど様々な音楽ファイルからでも変換することが可能になっています。


その前に、拡張子を表示させる設定をしておきましょう。mp3ファイルの判別ができるのでオススメです。「Windows10で拡張子を表示する方法」で紹介していますので、是非ご覧ください。


それでは、みていきましょう。


iTunesでmp3(mp-3)への変換方法


iTunesのアプリを起動させます。



「iTunes」画面の左上側にある「ファイル」から「ファイルをライブラリに追加」の順番にクリックします。



「ライブラリに追加」のウインドウが開きます。パソコン内から変換したい音楽ファイルを選んでiTunesに追加します。



「iTunes」画面の左側にあるメニューから「曲」をクリックします。



先ほど、追加した音楽ファイルがリストに載っているので青色にマークします。複数をまとめて選択することも可能です。



青色にマークしている状態のままで、画面の左上にある「ファイル」から「変換」の順番に進んでから「MP3バージョンを作成」をクリックします。
⇒「MP3バージョンを作成」が表示されていない場合の対処法はこちらです。



mp3への変換が開始されますが、元となるオリジナルのファイルが変換されるのではなくてmp3が追加されます。



mp3への変換が完了した状態です。



変換されたmp3の保存場所


mp3の保存場所を説明していきます。デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンを右クリックして、「エクスプローラー」をクリックします。



「エクスプローラー」が開くので、画面の左側にあるメニューから「ミュージック」のフォルダーをクリックします。次に「iTunes」→「iTunes Media」→「Music」→「Unknown Artist」→「Unknown Album」の順番にクリックします。



ここに、変換されたmp3が保存されています。



※「MP3バージョンを作成」が表示されない場合の対処法※

「iTunes」画面の左上にある「編集」から「環境設定」の順番にクリックします。



「一般環境設定」のウインドウが開くので、「読み込み設定」をクリックします。



「読み込み設定」が表示されたら、「読み込み方法」を「MP3エンコーダ」に変更する。



「OK」ボタンで画面を閉じます。これで「MP3バージョンを作成」が表示されるようになります。では、続きに戻りましょう。⇒ここから戻ってください


iTunes以外でmp3の再生ができるプレイヤーの紹介


mp3対応の全てのミュージックプレイヤーを、ここで紹介することはできないので、Windows10標準搭載のミュージックプレイヤーを紹介したいと思います。

  • Grooveミュージック
  • Windows Media Player


簡単に再生方法を紹介していきます。マウスカーソルをmp3(mp-3)の上にのせて右クリックします。



ショートカットメニューが開くので、「プログラムから開く」から「Grooveミュージック」又は「Windows Media Player」の順番で進めていきます。アプリケーションが開いて、音楽が再生されます。





タイトルとURLをコピーしました