iTunesをインストールする方法 [Windows10]


mp3、m4aなどの音楽ファイルが再生できる音楽プレイヤーソフトのiTunesについての紹介です。動画ファイルの再生にも対応していたり様々な用途があって、人気のあるプレイヤーソフトのひとつです。音楽ファイルをダウンロード購入できたり、CDからデータ情報を取り込むことが可能だったり、iPhoneやiPadと連動して楽しむことができます。


この記事では、Windows10を使用してiTunesをインストールするための方法を紹介しています。この機会にパソコンに導入してみてはいかがでしょうか。


それでは、みていきましょう。


iTunesのインストール方法と簡単な設定


アップル公式のWebページにアクセスして、セットアップファイルをダウンロードしましょう。


「Microsoft Storeで最新バージョンをダウンロードできます。」のページが開きます。




下方向にスクロールして、「ほかのバージョンをお探しですか?」の近くにある「Windows」をクリックします。




「Windows用の最新バージョンをダウンロードできます。」のページが出てくるので、お使いのパソコンの機種に合わせてリンクを選びます。

  • 64ビット機のパソコンを使用している場合は、「今すぐWindows用のiTunesをダウンロード(64ビット版)」を選択します。
  • 32ビット機のパソコンを使用している場合は、「Windows 32ビット版をお探しですか?」の隣にある「ここからダウンロード」を選択します。




「iTunesをダウンロードいただきありがとうございます。」のページが表示されます。画面の左下にある「ファイルを開く」をクリックすると、インストールが始まります。



デスクトップ画面の「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「ダウンロード」の順番にクリックします。「iTunesSetup.exe」ファイルがあるので、右クリックして「管理者として実行」からでもiTunesのインストールが始まります。「iTunesへようこそ」の画面が開いたら、「次へ」をクリックします。




「インストールオプション」の画面では、インストール前のオプション設定ができます。好みの設定にできたら、「インストール」のボタンをクリックします。(※意味が分からない場合は、デフォルトの状態でもOKです)




「ユーザーアカウント制御」のウインドウが出てきます。「はい」を選択します。




インストールしています。時間が掛かるので、少し待ちましょう。




「おめでとうございます。」のウインドウが表示されたら、インストールは完了です。「完了」をクリックします。




パソコンの再起動が要求されます。再起動しても問題なければ「はい」を選択して、後で再起動する場合は「いいえ」を選択してクリックしましょう。



パソコンを再起動した場合は、インストール手順が完了になります。次に「iTunes」を起動させて、簡単な設定をしていきます。「iTunesソフトウェア使用許諾契約」の画面が開いたら、契約内容に同意して「同意する」をクリックします。



これで、全ての操作が完了したのでiTunesの起動ができました。



次に、iTunesのアップデートをしましょう。


パソコンにiTunesのインストールができたら、優先的に更新プログラムの確認をしてアップデートを行ってください。是非、ここで最新の状態にしておきましょう。

>>更新プログラムをチェック&アップデート方法


様々な音楽ファイルからmp3に変換できる機能が搭載している有能なアプリケーションでもあります。一般的に、mp3は色々な音楽プレイヤーに用いられているため知っていたら便利です。

>>「m4a」から「mp3」へ変換する方法



タイトルとURLをコピーしました