Microsoftのアカウントを作成(新規作成)する方法 [Windows10]

マイクロソフトが提供している様々なサービスを利用するためには、Microsoft専用のアカウントが必要になってきます。One Drive、Outlookメール、Microsoftストアなどのサービスを使用したい場合は、Microsoftアカウントの新規作成をしましょう。


Windows10のパソコンから作成する手順をここで紹介していきます。Microsoftアカウントの新規作成は無料で行うことが可能となっていますが、作成時に1個のメールアドレスが必要になります。


それでは、みていきましょう。


Microsoftのアカウントの作成手順


Windows10ディスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開くので、マウスカーソルを「歯車」マークの上にのせてから「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示されたら、「アカウント」をクリックします。



左側にある「ユーザーの情報」を選んでから「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。



「Microsoftアカウント」のウインドウが開くので、「作成」をクリックします。



Microsoftアカウントを新規作成するためメールアドレスを入力しましょう。ユーザーアカウントの切り替え時などに必要になるので、覚えておきましょう。「次へ」のボタンから、先に進みます。



「パスワードの作成」が出てきます。Microsoftのアカウントにサインイン・サインアウトしたい時に必要になるパスワードです。メモなどに記入して忘れないようにします。「次へ」のボタンから、先に進みましょう。



「お名前の入力」が表示されます。名前を記入したら「次へ」から先に進みます。



ここでは、「国/地域」の指定を行うのですが、日本のままでOKです。「生年月日」も忘れずに設定します。全ての設定ができたら「次へ」から先に進みます。



「アカウントの作成」の画面で登録したメールアドレスにマイクロソフトからメッセージが届いています。セキュリティーコードが記載されているので、メモに控えるなどして覚えてください。



セキュリティーコードは「メールの確認」の画面で入力します。記入できたら、「次へ」から先に進みます。



作成したMicrosoftのアカウントでサインインするために、Windows10のログイン時に使用しているパスワードの入力をします。



Microsoftのアカウントが新規作成できました。実際に、登録できているか確認してみましょう。デスクトップ画面にある「スタート」ボタン→「設定」→「アカウント」の順番にクリックします。「ユーザーの情報」の画面から登録した情報が載っています。



タイトルとURLをコピーしました