Microsoftアカウントを作成(新規作成)する方法【Windows10】

マイクロソフトが提供している様々なサービスを利用するためには、マイクロソフト専用のアカウントが必要になります。One Drive、Outlookメール、Microsoftストアなどのサービスが該当します。


各サービスの利用を考えているのであれば、Microsoftアカウントの作成をおすすめします。


本記事では、Windows10でMicrosoftアカウントの作成手順を紹介します。Microsoftアカウントは無料で作成できますが、作成時にメールアドレスが必要になります。


それでは、作成してみましょう。



Microsoftアカウントを作成してみよう


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」マークの上に移動して「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示されたら、「アカウント」を選択します。



画面左側から「ユーザーの情報」を選択して、「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。



「Microsoftアカウント」のウインドウが開いたら、「作成」をクリックします。



下記画面では、Microsoftアカウントの作成のためメールアドレスを入力します。
ユーザーアカウントの切り替え時に必要になるため忘れないようにしましょう。
「次へ」のボタンをクリックして次の設定へ。



「パスワードの作成」が表示します。
Microsoftアカウントにサインイン・サインアウトしたい時に必要になるパスワードです。メモなどに記入して忘れないようにします。「次へ」のボタンをクリック。



「お名前の入力」が表示されます。名前を入力したら、次に進みます。



下記画面では、「国/地域」の指定は日本のままでOKです。
「生年月日」も忘れずに設定します。全ての設定が完了したら、次に進みます。



「アカウントの作成」の画面で登録したメールアドレスにマイクロソフトからメッセージが届いています。
セキュリティーコードが記載されているので、メモに控えるなどして覚えてください。



「メールの確認」の画面でセキュリティーコードを入力して、次に進みます。



Windows10のログイン時に使用しているパスワードの入力したら、作成したMicrosoftアカウントでサインインが可能になります。



以上で、Microsoftアカウントの作成手順はおわりです。


作成したMicrosoftアカウントを実際に確認してみましょう。
Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタン→「設定」→「アカウント」の順番にクリック。



Windows10に複数アカウントの追加方法


複数のアカウントをWindows10に登録して利用できます。2人以上のユーザーで1台のPCを利用する場合はおすすめです。以下、Windows10で各アカウントの追加手順を紹介してるので、ぜひご覧ください。


≫Windows10 ローカルアカウントを追加する方法


≫Windows10 ローカルアカウントを追加する方法



タイトルとURLをコピーしました