Microsoft Edge 起動時に開くページを変更する方法【ホーム画面】


Microsoft Edgeの起動時に開くページを好みのWebサイトに変更することができるので紹介します。Microsoft Edgeのブラウザーを起動してメニューからお手軽に行うことができます。尚、新規で登録したいWebサイトのURLは事前に準備していた方が、作業効率が良くなってオススメめです。


それでは、みていきましょう。


Microsoft Edgeの起動時に開くページの変更


Microsoft Edgeのブラウザーを起動させて、右上側にある「…」からメニューを開けます。



メニューが開いたら、「設定」をクリックします。



「設定」の画面が開きます。左側にあるメニューから「起動時」を選択します。



画面の右側が「起動時」のページに変わります。「特定のページを開く」から「新しいページを追加してください」の順番にクリックします。



「新しいページを追加してください」のウインドウが出てくるので、Microsoft Edgeの起動時に開くページのURLを入力します。「追加」のボタンから登録の完了になります。

URLの入力はコピー&ペーストでもOKです。





ここでは「Google」を登録していますがページを編集したい場合は、横にある「…」から「削除」の順番にクリックして、「新しいページを追加してください」からURLの入力をやり直します。



ページがよかったら、ブラウザー画面を閉じて操作は終了になります。Microsoft Edgeを起動して、登録したWebサイトが表示されるか確認してみてください。



Microsoft Edgeの様々なカスタマイズ方法を紹介


Microsoft Edgeのブラウザー上に、「ホームボタン」のアイコンの表示して活用する方法を紹介しています。起動時に開くページを変更した後は、「Microsoft Edge ホームボタンの表示方法」からご覧ください。「ホームボタン」の設定も同時に行えば表示ページの設定は完了になります。オススメです。




タイトルとURLをコピーしました