Microsoft Edgeの起動時に開くページを変更してみよう


Microsoft Edgeの起動時に開くページを好みのWebサイトに変更する方法を紹介します。ブラウザー画面のメニューからお手軽に設定できます。


それでは、みていきましょう。


Microsoft Edgeの起動時に開くページを変える手順


Microsoft Edgeを立ち上げて、画面右上の「…」をクリックしてメニューを開けます。



メニューが開いたら「設定」を選択します。



画面左側のメニューから「起動時」を選択します。



「特定のページを開く」の欄から、「新しいページを追加してください」をクリックします。



アドレスを入力するウインドウが出てくるので、Microsoft Edgeの起動時に開くページのURLを入力します。

URLの入力は、元のアドレスをコピーしてから貼り付けても大丈夫です。





下記写真では「Google」の登録を行っていますが、URL編集したい場合は「…」から「削除」の順番にクリックします。「新しいページを追加してください」からアドレスの再入力します。



入力が終わったらブラウザー画面を閉じます。Microsoft Edgeを立ち上げてみて、登録したWebサイトが表示されるか確認してみてください。



以上で、Microsoft Edgeの起動時に開くページを好みのWebサイトに変更する手順になります。



Microsoft Edgeのおすすめ設定の紹介【カスタマイズ機能】


知っていると便利な機能紹介になります。他にも沢山の設定があるため、色々と探してみて欲しいと思います。

  1. ホームボタンの配置
  2. お気に入りバーの追加


①ホームボタンの配置


Microsoft Edgeにホームボタンを表示して活用する方法を紹介しています。起動時に開くページとホームボタンから表示するWebサイトは、同じに設定することが一般的です。下記記事から方法を紹介しています。ぜひご覧ください。


≫Microsoft Edge ホームボタンの表示方法



②お気に入りバーの追加


お気に入りバーをブラウザー画面上に表示させる手順です。かなり便利な機能なので、ぜひ活用して欲しいです。下記記事からどうぞ。


≫Microsoft Edge お気に入りバーを表示させる方法



タイトルとURLをコピーしました