Windows10 プログラム(アプリ)をアンインストールする方法


使わなくなったプログラムやアプリケーションソフトをパソコンから削除する方法の紹介です。HDD・SSDの使用領域が増える、システム内のクリーンアップができるといったメリットがある他にも、Windows10の標準機能からお手軽に実行できる方法になります。


ひとつ注意点として、作業中はパソコンの電源が切れないように気をつけてください。実行中のプログラムが正しく行われるためにも大切なことです。それでは、みていきましょう。


【Windows10】アンインストール方法


不要になったプログラムやアプリを削除することをアンインストールといいます。ここでは、Windows10に標準搭載されている機能から実行できる3つの方法を紹介していきます。

  1. 「Windowsの設定」
  2. 「スタートメニュー」
  3. 「コントロールパネル」


①「Windowsの設定」


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンをクリックします。



スタートメニューが開きます。マウスカーソルを「歯車」アイコンの上にのせてから、「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開いたら、「アプリ」をクリックします。



「設定」の画面が表示されるので、左側にあるメニューから「アプリと機能」をクリックします。次に、画面の右側を下方向にスクロールします。



スクロールしていくと、Windows10にインストールされているアプリの一覧が出てくるので、その中からひとつ選択します。「アンインストール」のボタンからは削除が開始されるので、指示に従って操作していきます。



➁「スタートメニュー」


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを表示させます。一覧表からひとつアプリを選んで右クリックします。メニューが表示されるので「アンインストール」を選択したら、パソコンから削除されます。



➂「コントロールパネル」


「コントロールパネル」を開いて従来から行う手順になります。馴染みがあって一番分かりやすいのではないでしょうか。


Windows10デスクトップ画面にある「🔎ここに入力して検索」に「control panel」と入力してください。



一番上に出てくる「コントロールパネル」を選びます。



「コントロールパネル」が開きます。画面の左下にある「プログラムのアンインストール」をクリックします。



「プログラムのアンインストールまたは変更」が表示されます。一覧表の中から、ひとつプログラムを選択します。次に「アンインストール」をクリックすると、パソコンから削除されます。



無料のアンインストール支援ツールの紹介


ここでは少し、アンインストールの支援ツール「Geek Uninstaller」の紹介をしていきます。通常のアンインストールでは、レジストキーなどが残ってしまいます。残ったレジストリキーなどを完全に削除してくれる機能が組み込まれたソフトが「Geek Uninstaller」です。痕跡を残すことなく削除するため、パソコンに不要ファイルが溜まることがありません。また、パソコンにインストールする必要がないのでお手軽な無料ソフトです。この機会に、是非お試しください。

>>Geek Uninstaller ダウンロードと使い方



タイトルとURLをコピーしました