Windows10 PC起動時のパスワード変更【ユーザーアカウント】


不正アクセスからパソコンが侵入されないために、Windows10では定期的なパスワード変更が推奨されています。本記事では、Windows10でユーザーアカウントのパスワードを変更する方法の紹介を行っていきます。


それでは、みていきましょう。


パスワード変更の手順【Windows10】


Windows10には2種類のユーザーアカウントがあり、変更手順が異なります。それぞれのパターンを紹介していきます。


①ロールアカウントからの変更手順


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



Windows10のスタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」アイコンの上に移動して「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示されるので、「アカウント」を選択します。



「アカウントの設定」が表示されるので、左側メニューから「サインイン オプション」を選択した後、画面右側から「パスワード」を選択します。



「変更」のボタンから設定を行っていきます。



背景が青色の画面が表示されたら、Windows10で現在使っているパスワードを入力して「次へ」をクリックします。



変更の設定画面では、新しいパスワードとヒントを空白ボックスに入力して「次へ」のボタンを押します。



変更は完了できました。「完了」のボタンから操作を終了させることができます。



➁Microsoftアカウントからの変更手順


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンをクリックして「設定」→「アカウント」の順番にクリックして「アカウントの設定」を開きます。


左側のメニュー欄から「サインイン オプション」→画面右側から「パスワード」→「変更」の順番にクリックします。



「ご本人確認のお願い」のウインドウが表示される場合があります。画面の真ん中にある「・・・にメールを送信」をクリックします。



ここでは本人確認を行います。先ほどのメールアドレスにセキュリティコードが届いているので、コードを使用後して「確認」のボタンを押します。



現在使用しているパスワードの入力後に「サインイン」をクリックします。



変更の画面では、それぞれのパスワードを入力して「次へ」をクリックします。



「正常に変更されました。」のメッセージが表示されたら、変更の操作は完了になります。「完了」のボタンから画面を閉じて終了です。



「Ctrl」+「Alt」+「Del」の同時押しでパスワード変更が可能に


Windows10では「Ctrl」+「Alt」+「Del」キーの同時押からでも変更できるショートカット機能があります。キーの同時押し後、背景が青色の画面に切り替わるので「パスワードの変更」の項目を選択して、現在登録しているパスワードと新しく登録したいパスワードを入力したら終了です。Windows10はとてもシンプルな手順になるので、慣れたら使いやすいと思います。


ちょっとここで、Windows10の起動時にサインイン画面をスキップする自動ログインの機能について紹介します。非常に便利な機能なので、下記記事から参考して欲しいと思います。


≫Windows10 PC起動時のパスワード入力を省略【自動ログイン】


パスワード変更で使用できる文字について


設定や変更時、使用できる文字は下記の通り半角英数字と記号になります。

アルファベット(大文字):A、B、C、D、……

アルファベット(小文字):a、b、c、d、……

数字:1、2、3、4、5、6、7、8、9、0

記号:! @ # $ % ^ & * ( ) _ + { } [ ] | \ : ; ” ‘ < > ? , . /



パスワード変更の頻度は?


定期的にパスワード変更する利点は、不正アクセスが行われていたとしてもWindows10のシステムに侵入できる期間が制限できることです。通常30~180日の周期での変更が推奨されているのはそのためです。


さいごに、パスワードを削除する方法があります。簡単にアクセスできるためセキュリティ安全の保障はできませんが、こちらも参考に見てみてください。

≫Windows10 ユーザーアカウントのパスワードを削除する方法



タイトルとURLをコピーしました