Windows10 アカウントのパスワードを変更する方法


Windows10サインイン時のパスワードは定期的な変更が推奨されています。ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの2種類は、それぞれの方法から変更しなければなりません。不正アクセスなどからパソコンを守るためにも定期的にパスワードの変更してセキュリティ対策を行いましょう。


それでは、手順をみていきましょう。


パスワード変更するための2種類の手順【Windows10】


Windows10をローカルアカウントとMicrosoftアカウントのどちらで使用しているかによって変更の方法が違うので、それぞれの手順を紹介していきます。


①ロールアカウントの場合


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上にのせて「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示されるので、「アカウント」を選択します。



設定の画面が表示されるので、左側にあるメニューから「サイン オプション」を選択した後に、右側から「パスワード」を選択します。



「変更」のボタンから設定を行っていきます。



このような画面が表示されるので、現在のパスワードを入力して「次へ」を選択します。



次に切り替わったら、上から2個の空白ボックスに新しいパスワードを入力します。忘れた時のためにヒントも登録して、「次へ」のボタンを押します。



変更の手続きは完了できたので、「完了」のボタンから画面を閉じます。これで操作は終了になります。



➁Microsoftアカウントの場合


ローカルアカウントの場合と同様に、「設定」の画面を表示させます。Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンをクリックして「設定」→「アカウント」の順番に進んでいきます。


次に、左側にあるメニューから「サイン オプション」→右側から「パスワード」→「変更」の順番にクリックします。



「ご本人確認のお願い」のウインドウが表示される場合があります。画面の真ん中にある「・・・にメールを送信」をクリックします。

このウインドウが表示されなかった場合は、ここの説明までスキップしてください。



ここでは本人確認を行います。先ほどのメールアドレスにセキュリティコードが届いているので、届いたコードを入力した後に「確認」から認証をします。



現在のパスワードを入力して「サインイン」をクリックして次に進みます。



変更を行うために、現在と新しいパスワードを2カ所に入力します。「次へ」のボタンから登録していきます。



「パスワードが正常に変更されました。」のメッセージになると、操作は終了になります。「完了」から画面を閉じます。



Windows10のパスワード変更と使用できる文字について


ショートカットキーの使い方と使用できる文字を簡単に紹介していきます。

  1. ショートカットキーの使い方【「Ctrl」+「Alt」+「Del」】
  2. 使用できる文字とは?


①ショートカットキーでパスワードの変更【「Ctrl」+「Alt」+「Del」】


Windows10にログインした状態で、「Ctrl」+「Alt」+「Del」のキーの同時押しから「変更」の項目を選択します。次に、現在と新しいパスワードを入力したら完了です。非常に簡単な方法になるので、慣れたら一番使いやすいと思います。


➁使用できる文字とは?


使用できる文字は下記の通り半角英数字と記号になります。

アルファベット(大文字):A、B、C、D、……

アルファベット(小文字):a、b、c、d、……

数字:1、2、3、4、5、6、7、8、9、0

記号:! @ # $ % ^ & * ( ) _ + { } [ ] | \ : ; ” ‘ < > ? , . /



さいごに、「Windows10 パスワードの入力を省略する方法 【自動ログイン】」を紹介します。Windows10のサインインがスキップされて自動的にログインされる機能で、非常に便利なので活用して欲しいと思います。



タイトルとURLをコピーしました