Windows10 ユーザーアカウントのパスワードを変更する方法


Windows10のユーザーアカウントに登録しているパスワードを変更したい方向け。


なぜ、定期的に変更するのか?


不正アクセスからパソコンを守り、個人情報を保護することが目的です。


本記事では、ローカルアカウントとMicrosoftアカウントのパスワード変更を紹介します。


それでは、みていきましょう。



パスワードを変更する手順


パスワードを変更する手順を紹介します。

  1. ローカルアカウント
  2. Microsoftアカウント


①ロールアカウント


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」アイコンの上に移動して「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示したら、「アカウント」を選択します。



画面左側のメニューから「サインイン オプション」を選択して、右側から「パスワード」をクリックします。


「変更」をクリックして設定を行います。



このような画面が表示したら、現在使用しているパスワードを入力します。



次の画面では、新しいパスワード情報を入力します。



これで、変更の作業は終わりましたので「完了」をクリックします。



以上で、変更の手順は終わりです。



➁Microsoftアカウント


Windows10の「スタート」ボタン → 「設定」 → 「アカウント」の順番にクリックします。


画面左側のメニューから「サインイン オプション」をクリックして、右側から「パスワード」 → 「変更」の順番に進みます。



「ご本人確認のお願い」が表示された場合は、「・・・にメールを送信」をクリックします。



Microsoftアカウントのメールアドレスにセキュリティコードが届いているので、コードを張り付けます。



現在使用しているパスワードを入力します。



この画面では、現在と新しいパスワードをそれぞれ入力します。



「正常に変更されました」のメッセージが表示されたら、「完了」をクリックします。



以上で、変更の手順は終わりです。


新しいパスワードが覚えられない方に


パスワードの変更は、30~180日の間隔が推奨されています。頻繁に変更していたら、新しいパスワードが覚えられないよって人は、こちらをどうぞ。


指紋認証の設定を行うだけですぐにログインができる、Windows10の標準機能を利用します。そのためには、指紋認証できるパソコンが必要になります。


指紋認証ができるパソコン持ってない方は、「USB指紋認証リーダーおすすめ6選【外付けタイプ】」からUSB指紋認証リーダーを入手してください。


設定方法が知りたい方は、「Windows10 指紋認証(複数人の追加)の設定と解除のやり方」で説明していますので、ぜひご覧ください。



「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーでパスワード変更する手順


「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーを同時に押してから、簡単に変更する方法です。


3つのキーを同時に押したら、背景が青色の画面に切り替わります。「パスワードの変更」を選択して、現在と新しいパスワードをそれぞれ入力したら完了になります。


とてもシンプルな手順になので、慣れたら使いやすいです。



おすすめ関連記事


ユーザーアカウントのパスワードを削除する手順の紹介になります。関心のある方は、こちらからどうぞ。

≫Windows10でユーザーアカウントのパスワードを削除する方法



タイトルとURLをコピーしました