Windows10でコマンドプロンプトを起動させる方法


今回は、Windows10でコマンドプロンプトを起動させる方法を紹介します。


コマンドプロンプトとは、コマンド入力でWindowsにプログラム命令させられる機能のこと。黒色のウインドウ画面で、「MS-DOS」を操作するためのシェル。


マウス操作は完全不可で、キーボード操作のみ対応になっています。


それでは、みていきましょう。



Windows10でコマンドプロンプトを起動してみよう


以下、コマンドプロンプトの起動手順は3つあります。

  1. 検索ボックス
  2. スタートメニュー
  3. ファイル名を指定して実行


①検索ボックス


Windows10のタスクバー上にある「ここに入力して検索」に、英数字半角で「cmd」と入力します。



「コマンドプロンプト」をクリックしたら、Windows10でアプリが立ち上がります。



➁スタートメニュー


Windows10のタスクバーにある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリ一覧にある「Windowsシステム」から「コマンドプロンプト」をクリックします。



以上、Windows10でアプリが立ち上がります。



➂ファイル名を指定して実行


Windows10の「スタート」ボタンを右クリックします。



右クリックメニューが開くので、「ファイル名を指定して実行」を選択します。



「ファイル名を指定して実行」のウインドウが開きます。名前のボックスに「cmd」と入力します。



以上、Windows10でコマンドプロンプトが立ち上がります。



コマンドプロンプトのショートカット作成【ピン留め】


設定を行ったら、以降は簡単に起動させることができます。頻繁に使用するのであれば、ぜひ利用してみてください。


Windows10のタスクバーにある「スタート」ボタンを右クリックして、「エクスプローラー」を選択します。



「エクスプローラー」が表示されたら、画面左側のメニューから「PC」をクリックします。



「PC」が開いたら、ドライブ(C)を選択します。



「Windows」→「system32」の順番にクリックします。
画面をスクロールして「cmd.exe」を探します。

「cmd.exe」はコマンドプロンプトの実行ファイル。ダブルクリックしたらコマンドプロンプトが立ち上がります。



「cmd.exe」をマウスカーソルで右クリックして、ショートカットメニューを開けます。「スタートメニューにピン留めする」「タスクバーにピン留めする」「ショートカットの作成」から好みの方法を選びます。



以上で、Windows10でコマンドプロンプトのショートカットを作成する手順は終わりです。



タイトルとURLをコピーしました