Windows10で完全シャットダウンを実行する方法


Windows10のデフォルト設定では、CPUとメモリ情報をパソコンのHDD・SSD内に一時保存してシャットダウンします。微量の電流がパソコン内に流れてる状態です。


次回のWindows10起動時に、短い時間で起動できるメリットがあります。高速スタートアップと呼び、Windows8以降に実装された機能になります。


しかし、BIOS設定を変更したい場合やパソコンの周辺機器・接続機器のドライバーを導入したい場合は、完全に電源を落とす必要があります。このことを完全シャットダウンといいます。


本記事では、Windows10で完全シャットダウンを行う手順を紹介します。バッテリー搭載しているノートパソコンにおすすめできる機能になっています。


それでは、みていきましょう。



Windows10で完全シャットダウンを実行する方法


Windows10で完全シャットダウンするための2つの手順を紹介します。

  1. 「Shift」キーの同時押し
  2. コマンドからの実行方法


①「Shift」キーの同時押し


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンから「電源」クリックします。通常のシャットダウンを行うように、「Shift」キーと「シャットダウン」のボタンを同時押しで完全シャットダウンが実行されます。「Shift」キー+「再起動」のボタンの同時押しでも機能します。



➁コマンドからの実行方法


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンをクリックします。スタートメニューが開いたら、「Windows システムツール」から「コマンドプロンプト」の順番にクリック。



「コマンドプロンプト」の画面が開きます。
[shutdown/s /f /t 0]と入力して「Enter」ボタンを押すと、完全シャットダウンが実行されます。



常に、完全シャットダウンで電源が切れるように設定する方法


Windows10のデフォルト設定で高速スタートアップは有効になっています。常に完全シャットダウンでパソコンの電源を切るためには無効にします。


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタン→「設定」→「システム」→「電源とスリープ」→「電源の追加設定」の順番にクリック。


「電源オプション」の画面が開くので、「電源ボタンの動作を選択する」→「現在利用可能ではない設定を変更すます」をクリックします。


画面下側にある「高速スタートアップを有効にする」にある「✓」マークを外して「変更の保存」を選択します。



以上で、完全シャットダウンが自動で実行される手順は終了です。


高速スタートアップを無効に変更する方法は、Windows10の高速スタートアップを無効に変更してみようで詳しく紹介します。ぜひご覧になってください。



Windows10の完全シャットダウンはいつ使用するのか?


Windows10の動作が不安定な場合や、起動後にフリーズや周辺機器の認識不良が起こっている場合に、完全シャットダウンで改善できることがあります。


それ以外でも以下、紹介していきます。

  1. アプリやドライバのインストールの後
  2. BIOSの設定を変更した後
  3. 長時間、パソコンを使わない場合
  4. パソコンの動作やパフォーマンスがいつもと違う時



Windows10の完全シャットダウンによるメリットとデメリット


以下、Windows10の完全シャットダウンによるメリットとデメリットについて説明します。


メリットとは?


微量とはいえパソコン内部に電流が流れていることは、各デバイスに負担が掛かっています。完全に電流の流れを止めることで、パソコン本体の寿命を延ばすことが可能です。


デメリットとは?


次回のWindows10を起動させる時間が長くなるメリットがあります。


パソコン本体に少しの電流が流れているため、シャットダウン後でも慎重に取り扱う必要があります。ショートなど電気関連のトラブルが起こると、最悪の場合は起動不可になることも考えられます。



タイトルとURLをコピーしました