Windows10でパソコンのパフォーマンス測定方法【エクスペリエンスインデックス】


Windows10でパソコンのパフォーマンス(性能)を測定する方法の紹介になります。Windows7に搭載されていた「エクスペリエンスインデックス」のツールがWindows10上でも実行可能です。標準機能の「WinSAT」を起動させてからパフォーマンスを調べられるので、別途ソフトのインストールは不要になっています。


いつでもパソコンのパフォーマンス測定ができるため、お手軽に実行することが可能です。


それでは、みていきましょう。



「WinSAT」でパソコンのパフォーマンス(性能)の測定方法


Windows10で「WinSAT」を使ってパソコンのパフォーマンスを簡単に測定する手順になります。PowerShellを起動して「WinSAT」というソフトを実行させるだけのシンプルな測定手順です。


「エクスペリエンスインデックス」を実行する手順


Windows10のタスクバーの左端にある「スタート」ボタンを右クリックして、スタートメニューを開きます。



メニューから「Windows Power Shell (管理者)」の方を選んでクリックします。



「ユーザーアカウント制御」のメッセージが表示されるので、「はい」を選択します。



「管理者:Windows Power Shell」が開きます。



“winsat.exe formal”と入力して、Enterキーを押します。

“winsat.exe formal”をコピーして貼り付け可能。



「WinSAT」のプログラムが動き出すため数分間待ちます。合計実行時間が出たら終了になります。



プログラムを実行した後に、”Get-cimInstance Win32_Winsat”を入力して、Enterキーを押します。



パソコンのパフォーマンス測定の結果が確認できるようになります。



別のスコア表を表示する手順


「スタート」ボタンを右クリックして、「エクスプローラー」を選択します。画面が開いたら、「PC」から「ローカルディスク(C)」の順番にクリックします。



「Windows」から「Perfomannce」フォルダーの順番にクリックします。



さらに「WinSAT」から「DataStore」フォルダーの順番に進みます。フォルダー内が表示されたら、「日付 時間 Formal +++++++.WinSAT.xml」ファイルの確認ができます。



次に、下記リンクから「Windows エクスペリエンスインデックス Viewer」のWebページを表示します。
≫Windows エクスペリエンスインデックス Viewer



先ほどの「日付 時間 Formal +++++++.WinSAT.xml」ファイルを➂番の画面にドロップします。



すると、パソコンのパフォーマンス測定の結果が表示されます。



「エクスペリエンスインデックス」のスコアの見方


下記を参考に、測定した数値について確認してみましょう。


各スコアの意味


各スコアの意味は下記を参考にしてください。Windows10で3Dグラフィックスの測定は不可能なので、数値は9.9で表示されます。

  • CPUScore:プロセッサ
  • D3DScore:3Dグラフィックス
  • DiskScore:ハードディスク
  • GraphicsScore:グラフィックス
  • MemoryScore:メモリ(RAM)
  • WinSPRLevel:基本スコア


基本的なスコアの目安【パフォーマンスの数値化】


Windows7用に紹介された基本スコアの目安(※Windows10の目安は未公開)。

  • 1.0~1.9 OfficeApplication等のビジネス目的、Internetやメール等の日常的な
    使用目的であれば快適に使用できる
  • 2.0~2.9 基本スコア1.0~1.9のApplicationをより快適に利用できる
  • 3.0~3.9 Windowsの多くの機能が利用可能
  • 4.0~5.9 複数のディスプレイ表示やHD動画の再生
  • 6.0~7.9 HD動画の録画や高グラフィックスのApplicationも快適に動作する


【さいごに】パソコンのスペックを知ることはパフォーマンス測定後の理解が深まる


パソコンのスペックを調べることで、大体のパフォーマンスを理解することができます。パフォーマンス測定とスペック確認を合わせて行うことで、パソコンのポテンシャルについて深く知れます。グラフィックボードやCPUの各ハードウェアについても理解が深まるためオススメです。


パソコンのスペックを知りたい場合は、パソコンのスペックを確認する方法 [Windows編]をご覧ください。



タイトルとURLをコピーしました