Windows10でコントロールパネルを開く方法


日付や時刻の調整、アカウントやアプリケーションの管理などパソコンの使用上で必要な設定や変更を行うための画面をコントロールパネルといいます。


本記事では、Windows10でコントロールパネルの開く手順を紹介します。ショートカットの作成とピン留め方法も紹介しているので、ぜひご覧ください。


それでは、みていきましょう。


Windows10でコントロールパネルの開き方


以下、2種類の開き方を紹介していきます。

  1. Windowsシステムツール
  2. 検索ボックス


①「Windowsシステムツール」


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリの一覧表にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」の順番でクリックします。



➁「検索ボックス」


Windows10のタスクバー上にある「🔎ここに入力して検索」に「control」と入力します。



「コントロールパネル アプリ」を選択します。



以上で、開き方の手順はおわりです。



Windows10でコントロールパネルのショートカット作成とピン留め


以下の方法を利用することで素早く開けるようになります。コントロールパネルの使用頻度が高い場合は、参考になります。


ディスクトップにショートカットの作成


ディスクトップ画面の何もない場所で右クリックします。右クリックメニューが表示されるので「個人用設定」を選択します。



「個人用設定」が開きます。画面左側のメニューから「テーマ」を選びます。



「テーマ」が開いたら、「ディスクトップアイコンの設定」を選択します。



下記画面が表示されます。コントロールパネルのボックス内に「✓」マークを付けて、「適用」のボタンを押した後に「OK」を選択します。



デスクトップ画面上にアイコンが表示されます。



以上で、ショートカットのアイコンを作成する手順は終わりです。



コントロールパネルを各場所にピン留めする方法


①Windows10のスタートメニュー


Windows10のデスクトップ左下にある「スタート」ボタンをクリック→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を右クリック→「スタートにピン留めする」の順番にクリックします。



スタートメニューにアイコンが表示されます。



➁Windows10のタスクバー


Windows10のデスクトップ左下にある「スタート」ボタンをクリック→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を右クリック→「その他」→「タスクバーにピン留めする」の順番にクリックします。



Windows10のタスクバー上にアイコンが表示されたら成功です。



以上で、各手順は終了です。



タイトルとURLをコピーしました