Windows10 休止状態を電源メニューに表示させる方法


「休止状態」とは、作業中のプログラムやドキュメントをHDD・SSDに保存してパソコンの電源が切れていることです。Windows10を起動させると、HDD・SSDから保存したデータを読み取って中断する直前の状態にまで復元させることができます。

休止状態はバッテリ駆動時のノートPCに適しているといわれている機能で、デスクトップPCにはスリープの省電力機能が向いています。


通常、Windows10の電源メニューには休止状態が表示されていません。



「システム設定」の画面から✓マークを追加させることで、休止状態が選択できるようになります。それでは、手順をみていきましょう。



休止状態を表示させるための手順【Windows10】


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンを右クリックします。



メニューが開いたら、「電源オプション」をクリックします。



「システムの設定」が表示されます。画面の右側から「追加設定」をクリックします。



このような画面が開いたら、左側にあるメニューから「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。



「システム設定」になったら、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。そのまま下側にスクロールさせます。



「休止状態」に✓マークを付けて、「変更の保存」のボタンから保存して画面を閉じます。

✓マークを外すと非表示になります。



デスクトップの左下にある「スタート」ボタンをクリックして、メニュー画面を開けます。「休止状態」が表示されていたら操作は完了となります。



休止状態とスリープとシャットダウンの違い


休止状態はデータをHDDに一時保存するためパソコンに微量の電流が流れています。そのためシャットダウンよりも短い時間でWindows10が起動ができる特徴があります。スリープよりは、少ない消費電気で待機することができますが、Windows10の復帰には少し時間がかかります。シャットダウンとスリープの中間に位置していることが理解できると思います。


休止状態やスリープなどの省電力の機能については、パソコンを省電力するための機能と種類 [Windows10]から紹介しています。合わせてご覧になってください。



タイトルとURLをコピーしました