「休止状態」をWindows10の電源メニューに表示させる方法


休止状態とは、Windowsに備わっている省電力機能のひとつ。作業中のプログラムやドキュメントをHDD・SSDに一時保存してパソコンを待機させること。


保存したデータをHDD・SSDから読み取って、Windows10を中断する直前の画面まで素早く復元させることができます。


通常、Windows10のメニューに「休止状態」は表示されていません。



そこで今回は、休止状態を表示させるための手順を紹介します。


それでは、みていきましょう。



Windows10に休止状態を表示させる手順


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリックします。



メニューが開いたら、「電源オプション」を選択します。



下記画面が表示されますので、右側から「追加設定」をクリックします。



オプション画面が開いたら、左側のメニューから「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。



「システム設定」画面では、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。



少しスクロールして、「休止状態」に✓マークを付けて表示設定にします。

✓マークを外したら、非表示になります。



メニューに休止状態が追加されています。クリックすると待機機能に移行します。

パソコンの電源ボタンを押したら、休止状態からパソコンが復帰します。



以上で、休止状態を追加させる手順は終わりになります。

休止状態は、バッテリ駆動に対応しているノートPCに適しています。デスクトップPCは、「Windows10でスリープ機能を活用する方法【省電力・節電】」で紹介しているスリープが向いています。



休止状態とシャットダウンの違いとは?


休止状態では、中断データの保存のためパソコンに微量の電流が流れています。そのため、短い時間で復帰できる特徴があり、作業を一時中断するために適しています。


スリープより少ない電気量で待機していますが、Windows10の復帰には多くの時間が必要になります。通常のシャットダウンとスリープの中間に位置している節電システムです。


休止状態やスリープなど節電の機能については、「Windows10の省電力機能の種類【電源プランの設定】」から紹介しています。合わせてご覧になってください。



完全に電源を落とす完全シャットダウンについて、「Windows10で完全シャットダウンを実行する方法」から説明しています。参考までにどうぞ。



タイトルとURLをコピーしました