Windows10 ローカルアカウントを追加する方法


Windows10のアカウントには、Microsoftアカウントとローカルアカウントの2種類があります。


Microsoftアカウントとは、マイクロソフトが提供している様々なサービスの利用ができます。たとえば、Outlook、OneDrive、Microsoftストアなどの利用が可能です。ローカルアカウントとは、設定したパソコンにのみ利用することができます。インターネットに接続していない状態でもお手軽に新規作成ができる特徴があります。


Windows10の機能には、ひとつのパソコンに複数のアカウントを作成して、異なる設定で使用することができるようになっています。今回は、新規ローカルアカウントの追加手順を紹介していきます。


それでは、みていきましょう。


ローカルアカウントの追加手順を2つ紹介


パソコンに新規で追加するための2つの方法と手順を紹介していきます。

  1. 「Windowsの設定」
  2. 「netplwiz」コマンド


「Windowsの設定」


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のアイコン上にのせてから「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開くので、「アカウント」を選びます。



設定の画面が表示されるので、左側にあるメニューから「家族とその他のユーザー」を選びます。その次に、「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックします。



「このユーザーはどのようにサインインしますか?」のウインドウが表示されます。「このユーザーのサインイン情報がありません」から先に進みます。



「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックして登録作成を行います。



「このPCのユーザーを作成します」と表示されます。ユーザー名、パスワード、セキュリティの質問を入力したら、「次へ」のボタンを押して画面を閉じます。

パスワードが無くても登録は可能ですが、セキュリティのために入力されることをオススメします。



新規ローカルアカウントの確認ができたので、これで操作は完了です。



「netplwiz」コマンド


Windows10デスクトップの左下ある「🔎ここに入力して検索」に、半角英数字で「netplwiz」と入力します。



「netplwiz」を選びます。



ウインドウ画面が開くので、「追加」のボタンから登録作成をしていきます。



「このユーザーのサインイン方法」と表示されるので、「Microsoftアカウントを使わずにサインインする(お勧めしません)」から追加のための登録を行っていきます。



このような画面になったら、「ローカルアカウント」をクリックします。



次の画面に切り替わります。ユーザー名、パスワード、パスワードのヒントを入力してから「次へ」のボタンをクリックします。



新規登録ができました。「完了」のボタンから画面を閉じて操作は完了です。



新規で作成したローカルアカウントを確認してみましょう。ユーザー名には自由に名前を付けることができます。名前の変更がしたい場合は、Windows10 アカウント名の変更方法で説明しているので、参考にしてください。



別の記事で、Windows10でMicrosoftアカウントの追加方法も紹介しています。こちらも参考にしてください。

Windows10のローカルアカウントの追加によるメリット


複数の人が1台のパソコンを使用する時に便利な方法です。自分専用のファイルやフォルダーを作成して簡単にデータ管理できるようになります。


Windows10に登録されているローカルアカウントが必要なくなった場合は、「Windows10アカウントの削除方法」から削除してください。



タイトルとURLをコピーしました