Windows10 パソコンを省電力するための機能と種類


一定時間、Windows10のパソコンを使わないで放置していると電力を節約するため自動的に省電力の機能が起動します。「ディスプレイの電源が切れる」「スリープ」「休止状態」の順番で各省電力の状態に移行していきます。次の省電力に移行するまでの時間は好みに変更することができます。


ここでは、それぞれの省電力の状態が持っている機能について説明していきます。


Windows10の省電力機能について


Windows10に搭載されている省電力について紹介していきます。

  1. ディスプレイの電源が切れる
  2. スリープ状態
  3. 休止状態


①ディスプレイの電源が切れる


パソコンのディスプレイの表示が消えて電源がオフになります。ディスプレイの電力消費を抑えるためで一段階目の省電力機能です。キーボードやマウスの操作でディスプレイが再び表示されて通常の状態に戻すことができます。



➁スリープ状態


スリープには、通常のスリープとハイブリッドスリープの2種類があり、少し違いがあります。


「スリープ」とは、作業中のプログラムやドキュメントなどをメモリに保存して、パソコンの電源を切ります。完全に電源が切れている状態ではなくて、データを保持するためにメモリには電気が流れています。そのため電源プラグやACアダプターは、常にコンセントに接続されていなければなりません。


スリープからのWindows10復帰時は、メモリから保存していたデータを読み取って短い時間でパソコンを元の状態に復元することができます。キーボードやマウスの操作でスリープから復帰させることが可能です。


スリープの詳細については、Windows10 スリープの種類と設定方法【省電力機能】からご覧になってください。スリープ機能を有効的に活用したい時にはオススメになっています。


「ハイブリッドスリープ」とは、基本的には通常のスリープと同じです。作業中のプログラムやドキュメントなどをメモリとHDD・SSDの2カ所に保存します。コンセントから電源プラグやACアダプターが抜けた場合でもHDD・SSDからデータの復旧が可能となっています。ハイブリッドスリープはデスクトップPCにお勧めされています。



➂休止状態


休止状態とは、作業中のプログラムやドキュメントなどをHDD・SSDに保存してパソコンの電源を切ります。休止状態からの復帰時は、HDD・SSDからデータを読み取ってパソコンを復帰させます。復帰させるまでにはスリープより長い時間が必要ですが、電力消費は少なくてシャットダウンに近い状態です。


スリープとシャットダウンの間に位置する休止状態は、電源ボタンを押さないと元の状態まで復元しません。内臓バッテリーが搭載されているノートPCに向いていると言われています。


Windows10を手動で休止状態にするためには、休止状態を電源メニューに表示する方法 [Windows10]で説明しています。合わせてご覧になってください。



省電力機能とシャットダウンとの違い


いずれの省電力機能は、データ保存のためパソコンに微量の電流が流れています。Windows10の起動が短くなるため、中断時の状態に復元させるためになります。シャットダウンは、中断ではなく完全にWindows10を終了させるので、ほぼ電流は流れていません。特に、OSやアプリケーションなどをアップデートした場合はシャットダウンが必須になるので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました