Windows10の省電力機能の種類【電源プランの設定】


Windows10では、一定時間パソコンを放置していると電力節約のため自動的に省電力機能が起動します。


「ディスプレイ画面のオフ」→「スリープ」→「休止状態」の順番で各省電力の状態に移行していきます。各省電力に移行するまでの時間は好みに変更することができます。


本記事では、それぞれの省電力の機能について紹介していきます。


それでは、みていきましょう。



Windows10の省電力について紹介


Windows10に搭載されている3つの省電力について紹介します。


省電力①:ディスプレイ画面のオフ


ディスプレイ画面の表示が消えて電源が切れます。ディスプレイの電力消費を抑えるためで一段階目の省電力機能になります。


キーボードやマウスを動かすことで、ディスプレイに映像が再び表示されます。



省電力➁:スリープ


以下、通常スリープとハイブリッドスリープの2種類について紹介します。


【通常スリープ】

 

作業中のプログラムやドキュメントなどをメモリに保存して、パソコンの電源を切ります。


データ保持のためメモリに微量な電流が流れています。完全には電源が切れないので、常に電源プラグやACアダプターはコンセントに接続されていなければなりません。


スリープ時からWindows10が復帰する際は、メモリに保存していた一時データを読み取ります。そのため、短い時間でパソコンを復帰させることができます。


復帰方法は、キーボードやマウスを動かすだけでWindows10が再び起動します。


さらなる詳細については、Windows10 スリープの種類と設定方法【省電力機能】で紹介しています。有効活用したい場合など、参考までにご覧になってください。


【ハイブリッドスリープ】

 

通常スリープと基本的に同じですが、作業中のプログラムやドキュメントなどの保存場所をメモリとハードディスクの2カ所で行われます。


コンセントから電源プラグやACアダプターが抜けた場合、ハードディスクから中断データを復旧できる特徴があります。ハイブリッドスリープはデスクトップPCにおすすめされている省電力機能です。



省電力➂:休止状態


休止状態とは、作業中のプログラムやドキュメントなどをHDD・SSDに保存してパソコンの電源を切ります。HDD・SSDに一時保存された中断データを読み取ってパソコンを復帰させます。


スリープよりも長い復帰時間が必要ですが、電力消費は少なく通常のシャットダウンに近い状態で待機しています。


電源ボタンを押さない限り復帰できないため、スリープとシャットダウンの中間位置に休止状態が設定されています。内臓バッテリーが搭載されているノートPCに向いている省電力機能です。


因みに、Windows10を手動で休止状態にする手順は、休止状態を電源メニューに表示する方法 [Windows10]で説明しています。参考までに、ご覧になってください。



省電力機能とシャットダウンとの違い


パソコンに中断データを一時保存するために微量の電流が流れている省電力機能は、Windows10を素早く復帰できる特徴があります。


通常シャットダウンとは、Windows10を終了させるプログラムです。中断とは違いパソコン本体にほぼ電流は流れていません。


上記の特徴から、Windows10起動時のスピードとパソコン本体に流れている電流の違いがあることになります。


普段の利用では、好みの方法で電源を切っても問題はありませんが、ソフトウェアの更新やWindows10のアップデートを行う場合は、シャットダウンを推奨します。


通常シャットダウンでは、パソコン本体に超微量な電流が残っています。完全に電源を落とす方法について下記記事にて紹介します。


Windows10で完全シャットダウンを実行する方法



タイトルとURLをコピーしました