システムの復元ポイントを手動で作成する方法【Windows10】


Windows10をアップグレードした後や新しいアプリをインストールした後、OSのシステムに不具合が生じる場合があります。システムの復元ポイントを活用することで、不具合が生じる以前の状態に戻すことができます。今後のために、復元ポイントの作り方を覚えておきましょう。


それでは、作り方の手順をみていきましょう。



システムの復元ポイントを作るための手順


「システムの保護」が有効にされている必要があるので、はじめに確認作業を行います。その後から、システムの復元ポイントを作っていきましょう。


「システムの保護」を有効化に【システムの復元ポイントを作る前に確認】


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンをクリック→「設定」→「システム」→左側にあるメニューから「詳細情報」→右側から「システムの保護」を順番に選択していきます。


「システムのプロパティ」のウインドウが表示されるので、「構成」のボタンをクリックします。下記の写真のようなウインドウが表示されるので、「システムの保護を有効にする」を選んだ後に「OK」をクリックしたら有効化になります。

詳しい説明は、「Windows10 システムの保護を有効に設定する方法」で紹介していますので、合わせてご覧ください。



システムの復元ポイント


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上にのせて「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示されるので、「システム」を選択します。



設定の画面が開くので、左側にあるメニューから「詳細情報」を選択します。



画面の右側が「詳細情報」に切り替わるので、「システムの保護」をクリックします。



「システムのプロパティ」のウインドウが開いたら、画面の下側にある「作成」をクリックします。



「復元ポイントの作成」と表示されたら、空白ボックスの中に復元ポイントの説明を入力します。その後に、「作成」のボタンを押します。



「復元ポイントを作成しています…」というメッセージが表示されるので、少し待ちます。



このメッセージが表示されたら、復元ポイントは正常に作成されました。「閉じる」のボタンから画面を閉じたら、操作は完了になります。



過去に作った復元ポイントは削除がオススメ【HDD・SSDの領域確保】


過去に作った復元ポイントは新しく上書きされることがないのでどんどん蓄積されるため、HDD・SSDの容量が圧迫してきます。パソコンのパフォーマンスを低下させる原因にもなるので「Windows10 復元ポイントを削除する2つの方法」から削除するための方法を説明しているので、合わせてご覧になってください。

削除されたら復元は不可能になるので注意してください。



タイトルとURLをコピーしました