Windows10 Microsoftアカウントを追加する方法


Microsoftアカウントとは、マイクロソフトが提供しているOneDriveやOutlookなどのサービスが利用できます。さらに、Microsoftストアからアプリをダウンロードできるようになるため簡単にパソコンをカスタマイズできるのではないでしょうか。登録時に使用したメールアドレスなどの情報を用いて、異なるパソコンで使用できることも大きな特徴です。


Windows10からMicrosoftアカウントを追加するためには、インターネットに接続されている必要があります。それでは、みていきましょう。


Windows10でローカルアカウントの追加方法も紹介していますので、是非ご覧になってください。



Microsoftアカウントの追加手順


Windows10にMicrosoftアカウントを追加するための2つの手順を紹介します。

  1. Windows10設定画面
  2. 「netplwiz」コマンド


①Windows10設定画面


Windows10のデスクトップの左下から「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上にのせてから「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示されるので、「アカウント」を選択します。



「アカウントの設定」に切り替わるので、画面の左側にあるメニューから「家族とその他のユーザー」を選びます。次に、右側にある「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックします。



「このユーザーはどのようにサインインしますか?」と表示されるので、Microsoftアカウントで使用しているメールアドレスまたは電話番号の情報を入力します。「次へ」のボタンをクリックして先に進みます。



「準備が整いました。」が出てきたら、「完了」のボタンから画面を閉じます。



これでMicrosoftアカウントの登録ができましたので、操作は終了です。



➁「netplwiz」コマンド


Winsows10デスクトップの左下にある「🔎ここに入力して検索」に、半角英数字で「netplwiz」と入力します。



「netplwiz コマンドの実行」を選択します。



このようなウインドウが開くので、「追加」のボタンを押します。



「このユーザーのサインイン方法」と表示されます。Microsoftアカウントのメールアドレスを入力して、「次へ」をクリックします。



登録中のため、少しの時間を待ちます。



このような表示が出たら、Microsoftアカウントの追加は完了です。「完了」のボタンから画面を閉じたら、操作は終了になります。



追加できたことを確認をしてみましょう。

Administratorは、パソコン全体を管理するための管理者用のことで、Userが追加したアカウントのことです。



別記事から登録したアカウントを削除するための方法を説明しています。必要に応じて、ご覧になってください。





タイトルとURLをコピーしました