Windows10 ユーザーアカウントのパスワードを削除する方法


Windows10ではサインイン以外のときでも、Microsoftストアからアプリのダウンロード時やパソコンの各種の設定時などでパスワードが求められることがあります。大切なデータ情報や個人情報を守るためのセキュリティ機能になりますが、入力が面倒だと感じるときがあるでしょう。


本記事では、Windows10からパスワードを削除してパソコンを使用する方法の紹介になります。Windows10起動時は自動ログインによってデスクトップまで立ち上がるなどのメリットがありますが、パソコンを不正に使用されるリスクが同時に出てきます。使用環境に応じて使い分けることが大切です。


それでは、削除手順をみていきましょう。



Windows10設定からパスワード削除を行うための手順


Microsoftアカウントは電子メールと同期しているため、パスワードのみ削除することはできません。そのためローカルアカウントの削除手順をここでは説明します。該当のローカルアカウントでサインインしてから行います。


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のマークの上にのせて「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が出てきたら「アカウント」を選択します。



このような画面が表示されたら左側にあるメニューから「サインインオプション」を選択。次に右側の「パスワード」を順番にクリックします。



「変更」のボタンを押します。



このような背景が青色のウインドウが開きます。空白ボックスに現在使用しているパスワードを入力して「次へ」をクリックします。



この画面では何も記入しないで「次へ」をクリックします。



「完了」のボタンから画面を閉じたら、削除を行うための操作は終了になります。



コントロールパネルからパスワード削除を行うための手順


Windows10のコントロールパネルを用いて行う場合は、該当しない方のアカウントでサインインしてください。


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリの一覧にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」の順番にクリックします。



「コントロールパネル」が開くので、右上の「表示方法」がカテゴリーになっていることを確かめます。次に「種類の変更」をクリックします。



このような制御ウインドウが出てきた場合は、管理者(administrator)のパスワードを入力して「はい」を選択します。



管理画面が表示されると、該当のローカルアカウントを選択します。



左側のメニューから「パスワードの作成」を選択します。



何も入力しないで「作成」のボタンから画面を閉じたら、削除を行うための操作は完了になります。



【最後に】Windows10のパスワード省略と変更手順


Windows10からパスワード削除しないで、サインイン時の入力が省略できる手順の紹介になります。「netplwiz」コマンドから簡単に設定できるため、興味があれば下記からご覧ください。


パスワード変更の手順を紹介します。下記からアクセスして定期的に変えてセキュリティ向上に役に立てて欲しいと思います。



タイトルとURLをコピーしました