Windows10 ユーザーアカウントのパスワードを削除する方法


Windows10 サインインや各種設定などで、パスワード入力が要求されるときがあります。入力が面倒なのでスキップはできないのでしょうか?


このような悩みを解決していきます。


本記事では、Windows10のパスワードを削除する方法を紹介します。

  1. パスワードの削除手順【ローカルアカウント】
  2. パスワードの削除手順【Microsoftアカウント】
  3. Windows10で削除したパスワードを元に戻す方法


Windows10のパスワードを削除すると、誰でもパソコンにアクセスできるようになります。重要な個人情報などが盗まれると大変なので、パソコンの管理には十分に気を付けてください。


それでは、みていきましょう。



パスワードの削除手順【ローカルアカウント】


該当するローカルアカウントでログインしているのか、していないのか、で手順が変わってきます。

  • 削除①:ログインしている場合
  • 削除➁:ログインしてない場合


削除①「ログインしている場合」


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」マークの上に移動して「設定」をクリックします。



ここでは、「アカウント」を選択します。



画面左側のメニューから「サインインオプション」を選択して、右側の「パスワード」をクリックします。



「変更」をクリックします。



このような画面が開いたら、現在使用しているパスワードを入力して「次へ」をクリックします。



ここでは、何もしないで「次へ」をクリックします。



削除完了の画面になります。



削除➁:「ログインしてない場合」


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリの一覧にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」をクリックします。



右上の表示がカテゴリーになっていることを確かめて、「アカウントの種類の変更」をクリックします。



下記のウインドウが表示された場合は、管理者(administrator)のパスワードを入力して「はい」を選択します。



下記の画面が表示したら、パスワードを削除したいアカウントを選びます。



このような画面が開いたら、左側のメニュー欄から「作成」を選択します。



ここでは、何もしないで「作成」をクリックします。



以上で、削除手順は終わりになります。



パスワードの削除手順【Microsoftアカウント】


Microsoftアカウントの作成時には電子メールが必要になるため、Windows10から削除できないようになっています。


PC起動時のパスワード入力をスキップさせることはできますので、こちらの設定をおすすめします。

≫Windows10 自動ログインの設定と解除する方法



Windows10で削除したパスワードを元に戻す方法


Windows10で削除したパスワードを再び入力するための手順になりますので、必要に応じてどうぞ。

≫Windows10 ユーザーアカウントのパスワード変更と有効期限の設定



さいごに


ここでは、Windows10でユーザーアカウントのパスワードを削除する方法を紹介してきました。


ログインやその他の設定は手間がかからずにお手軽になりましたが、誰でもPCが使えるので安全面ではとても危険な状態になります。


セキュリティー対策がしっかり搭載されていて、パスワード入力が楽に行える方法がWindows10に搭載されていますので紹介します。


指紋認証システムが搭載されているパソコンが必要になりますが、簡単ログインが実現できます。


指紋認証ができないパソコンを使っている方は、「USB指紋認証リーダーおすすめ6選【外付けタイプ】」からUSB指紋認証リーダーを手に入れてください。


指紋認証の設定方法を知りたい方は、「Windows10 指紋認証(複数人の追加)の設定と解除のやり方」からご覧ください。


以上で、おわりです。



タイトルとURLをコピーしました