Windows10 ユーザーアカウントのパスワードを削除する方法


Windows10のサインイン以外でも、Microsoftストアからアプリのダウンロードを行う時やパソコンの各種設定時などでパスワード入力が求められることがあります。毎回の入力が面倒くさいと感じる場合は、本記事で紹介しているユーザーアウントのパスワードを削除してWindows10を使う方法を行なってください。


以下、2つのアカウントから削除の手順をご案内していきます。

  1. ローカルアカウントでの削除
  2. Microsoftアカウントでの削除


パソコンの使用頻度が低いと、パスワードを使わないため忘れてしまいます。いざという時、Windows10にログインできない場合があるので、トラブル回避のためにもオススメしている方法のひとつになっています。


それでは、みていきましょう。



ローカルアカウントのパスワード削除手順


Windows10でローカルアカウントのパスワードを削除する手順には、該当のアカウントでサインインした場合と別のアカウントでサインインした場合で異なります。
※削除することでWindows10のログイン時に、だれでも簡単にアクセスできるようになるため十分に気を付けてください。


該当のアカウントでログインして削除


「Windowsの設定」から削除を行っていきます。Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



メニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」マークの上に移動して「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が出てきたら「アカウント」を選択します。



「アカウントの設定」が表示されます。左側のメニューから「サインインオプション」を選んで、右側から「パスワード」を選択します。



「変更」のボタンを押します。



このような背景が青色の画面が表示されたら、現在設定中のパスワードを入力して「次へ」をクリックします。



次の画面では、何も記入しないで「次へ」をクリックします。



これで削除はできました。「完了」のボタンから画面を閉じます。



削除した後にパスワード設定したくなった場合は、Windows10 アカウントのパスワードを変更する方法から再び設定を行うことができます。



別のアカウントでログインして削除


ここでは「コントロールパネル」を開けて削除を行っていきます。Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



メニューが開いたら、アプリの一覧にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」の順番にクリックします。



「コントロールパネル」が開きます。画面右上の表示がカテゴリーになっていることを確かめて、「アカウントの種類の変更」をクリックします。



「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は、管理者(administrator)のパスワードを入力して「はい」を選択します。



「アカウントの管理」が表示されたら、該当のローカルアカウントを選択します。



「アカウントの変更」が開いたら、左側のメニュー欄から「パスワードの作成」を選択します。



ここでは、何も入力しないで「作成」をクリックして画面を閉じます。
以上で、削除を行うための操作は終了になります。



Microsoftアカウントのパスワード削除手順


Microsoftアカウントの作成時には電子メールとパスワードが必要になるため、 Microsoftアカウントから削除できないようになっています。


尚、Windows10のサインイン画面をスキップして自動でログインできる手順があります。手間が省けて便利な機能になっていますが、誰でも簡単にアクセスできるため対策は必要です。自動ログインは下記記事を参考に行ってください。


≫Windows10 パスワードの入力を省略する方法 【自動ログイン】


Windows10でパスワードを変える手順


Windows10で削除したパスワードを再び設定したい場合に用いることができます。手順は下記記事で紹介しています。セキュリティの向上にもお勧めされているため、定期的に活用してください。


≫Windows10 アカウントのパスワードを変更する方法



タイトルとURLをコピーしました