Windows10でユーザーアカウントのパスワードを削除する方法


Windows10では、サインイン時以外にもWindowsの各種設定などでパスワードの入力が求められます。


その度に入力していたら、面倒でストレスを感じないでしょうか?そこで今回は、Windows10でパスワードを削除する方法を紹介します。


削除した後、だれでも簡単にアクセスできるようになります。パソコンの管理には十分に気を付けてください。


それでは、みていきましょう。



パスワードを削除するための手順【ローカルアカウント】


Windows10では、削除するための2種類の手順があります。

  • 削除①:該当のアカウントでサインインしている場合
  • 削除➁:異なるアカウントでサインインした場合


削除①「該当している場合」


削除対象のローカルアカウントでサインインしている場合の手順になります。


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」マークの上に移動して「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開いたら、「アカウント」を選択します。



下記画面が表示されます。左側のメニューから「サインインオプション」を選択して、右側から「パスワード」をクリックします。



「変更」ボタンのクリック。



下記画面が開いたら、現在設定しているパスワードを入力して「次へ」をクリックします。



次の画面では、何もしないで「次へ」をクリックします。



削除完了の画面になります。



以上で、ひとつめの削除手順は終わりになります。


削除後、再びパスワードが必要になった場合は、「Windows10 PC起動時のパスワードを変更する方法」を参考にして再設定を行うことができます。



削除➁:「異なる場合」


削除対象のローカルアカウント以外でサインインしている場合の手順になります。


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリの一覧にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」をクリックします。



「コントロールパネル」が開きます。
右上の表示がカテゴリーになっていることを確かめて、「アカウントの種類の変更」をクリックします。



下記のウインドウが表示された場合は、管理者(administrator)のパスワードを入力して「はい」を選択します。



下記の管理画面が表示したら、該当のローカルアカウントを選択します。



変更画面が開いたら、左側のメニュー欄から「作成」の項目を選択します。



下記画面では、何もしないで「作成」のボタンをクリックします。



以上で、ふたつめの削除手順は終わりになります。


パソコンの使用回数が少ない場合、パスワードを覚え続けることが困難です。いざという時、Windows10にログインできなくなります。危険回避のためにも削除の手順はおすすめです。



パスワードを削除するための手順【Microsoftアカウント】


Microsoftアカウントの作成時には電子メールが必要になるため、Windows10から削除することは不可能になっています。


尚、パソコン起動時のパスワードを省略できる方法があります。Microsoftアカウントには、こちらの設定をおすすめします。


≫Windows10起動時にパスワードの入力を省略【自動ログイン】



Windows10で削除したパスワードの再設定


Windows10で削除したパスワードを再び入力設定する手順の紹介です。下記記事よりご覧になることができます。


≫Windows10 PC起動時のパスワードを変更する方法



タイトルとURLをコピーしました