復元ポイントを削除するための2つの方法【Windows10】


作成した復元ポイントを削除するには、全てを消す方法と最新のファイルのみ残してそれ以外は消す方法があります。HDD・SSDの空き容量を増やしたい場合には活用できるおすすめ方法ですが、同時にシステムに不具合が起こった場合は過去のデータファイルから回復できなくなるデメリットも発生します。


それでは、みていきましょう。


復元ポイントの削除するための2つの手順


全てを消す手順と最新の復元ポイントのみ残す手順の2つを紹介していきます。

  1. 「Windowsの設定」
  2. 「ディスクのクリーンアップ」


①全ての復元ポイントを削除【Windowsの設定】


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンをからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上にのせて「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示されるので、「システム」を選択します。



設定の画面が開いたら、左側にあるメニューから「詳細情報」を選択します。



次に、右側にある「システムの保護」をクリックします。



プロパティのウインドウが開きます。「システムの保護」のタブを選んでから「構成」の順番でクリックします。



このような画面になるので、右下にある「削除」のボタンを押します。



「このドライブで、システムに加えた不要な変更を元に戻すことはできなくなります。続行しますか?」のメッセージが表示されるので、「続行」を選択します。



「復元ポイントは削除されました。」のメッセージが表示されたら、「閉じる」のボタンから画面を閉じます。



ここも「OK」のボタンからウインドウを閉じます。これで復元ポイントは消去されたので操作は完了です。



➁最新の復元ポイントだけ残す【ディスクのクリーンアップ】


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンを右クリックします。



メニューが開いたら、「エクスプローラー」を選択します。



「エクスプローラー」が開いたら、画面の左側にある「PC」をクリックします。



次に、復元ポイントを作成しているドライブ(通常はCドライブ)を右クリックします。



メニューが開いたら「プロパティ」を選択します。



「プロパティ」のウインドウが開くので、「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。



「ディスククリーンアップ」が表示されたら、「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。



次に、「その他のオプション」のタブを選んでから、「システムの復元とシャドウコピー」の欄にある「クリーンアップ」の順番でクリックします。



「最新のシステム復元ファイル以外の古い復元ファイルを削除しますか?」のメッセージが表示されるので、「削除」のボタンをクリックします。

ここの説明では削除の実行はされません。次の説明で、実行が開始されます。



「ディスククリーンアップ」のウインドウに戻ったら、「OK」のボタンを押します。



「これらのファイルを完全に削除しますか?」のメッセージが表示されます。「削除」のボタンから復元ポイントは消去されます。



ディスクのクリーンアップから復元ポイントの削除手順を紹介してきましたが、詳しい使用方法については、「ディスクのクリーンアップで不要ファイルを削除する方法 [Windows10]」から説明しています。様々な不要ファイルやデータを削除することが可能なので、HDD・SSDの空き容量の確保ができます。ぜひ合わせてご覧になってください。


一度削除された復元ポイントは、元に戻すことができない。


元に戻すことができないため、慎重になって削除することをオススメします。誤って消してしまったら手動で復元ポイントの作成ができる方法を紹介していますので、合わせてご覧になってください。

>>復元ポイントを手動で作成する方法【Windows10】



タイトルとURLをコピーしました