Windows10 スクリーンショットの保存先を変更


Windows10標準機能のスクリーンショットの保存先を好みの場所に変更することができます。「プロパティ」から撮影した画像の保存先を簡単に変更可能です。


本記事では、「Windows」+「PrntScrn」キーの同時押しからスクリーンショットした場合の手順紹介していきます。それでは、みていきましょう。


スクリーンショットと保存先について


ここでは、「Windows」+「PrntScrn」キーを同時に押す撮影方法について簡単に説明してから、画像の保存先について解説していきます。


「Windows」+「PrntScrn」キー【Windows10の標準操作】


Windows10標準の撮影機能で撮った画像を同時に自動保存してくれる操作方法は「Windows」+「PrntScrn」キーの同時押しになります。特定の場所にフォルダーが作成されて、ピクチャ管理が行いやすい便利な機能になっています。さらに詳しくは、「Windows10 スクリーンショットでパソコンの画面を撮る方法」からご覧ください。


保存先はどこにあるの?


では、実際に「Windows」+「PrntScrn」キー同時押しの機能で撮影した画像を確認してみましょう。
Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンを右クリックします。



右クリックメニューが開いたら、「エクスプローラー」を選択します。



「エクスプローラー」の画面が表示されたら、左側のメニューから「ピクチャ」をクリックします。



「スクリーンショット」フォルダーの中に撮った画像を確認することができます。



スクリーンショットの保存先を変更や移動


該当の「スクリーンショット」フォルダーを右クリックします。



ショートカットメニューが開いたら、「プロパティ」をクリックします。



「プロパティ」のウインドウが出てきたら、「場所」のタブをクリックします。



次に、「移動」のボタンを押します。



「移動先の選択」の画面が表示されるので、好みの保存場所を決めて「フォルダーの選択」のボタンをクリックしたら操作は完了になります。実際に保存先が変わっているか確認してみてください。



保存先のショートカットを作成


Windows10では、保存先を変えたり移動したりすること以外にもショートカットを作成して簡単にアクセスする方法もあるので紹介します。
該当の「スクリーンショット」フォルダーを右クリックします。右クリックメニューが開いたら「ショートカットの作成」を選択して、好みの場所にショートカットを設置してみましょう。



Windows10 スクリーンショットの撮り方


Windows10標準の撮影機能でスクリーン画面の撮り方を詳しく紹介しています。下記からご覧ください。

≫Windows10 スクリーンショットでパソコンの画面を撮る方法



タイトルとURLをコピーしました