Windows10でスリープ機能を活用する方法【省電力・節電】


一定時間、パソコンを使わないで放置していると、自動的にモニターの電源が切れます。電気消費を抑えるためにWindows10の省電力の機能が働いたからです。


Windows10では、スリープと休止状態の2つの省電力の機能が備えられています。通常のシャットダウンと違って、パソコンを一時的に待機させるために活用します。


本記事では、Windows10のスリープ機能について詳しく紹介していきます。


それでは、みていきましょう。



Windows10のスリープとは?


スリープとは、作業中のプログラムやドキュメントなどをメモリに一時保存して、パソコンの電源を切って待機させる機能のこと。


作業中のデータを一時保存するため、パソコンには微量な電流が流れています。そのため、電源プラグやACアダプターのコンセント接続は必須になります。


スリープが持つ特徴は、メモリに保存したデータを読み取って、Windows10を素早く起動させることです。一時的に作業を中断したい場合に、よく利用されています。



スリープの種類について【Windows10】


Windows10のスリープには、「通常のスリープ」と「ハイブリッドスリープ」の2つの種類があります。


以下、それぞれの種類について説明していきます。


①通常のスリープ


一般的なスリープ機能のことで、定められた時間が経過すると自動的に切り替わります。手動で切り替える方法もあります。


以下、手動で切り替える手順を紹介します。
Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューから「電源」のボタンを選択して、「スリープ」をクリックします。
パソコンがスリープに移行します。



キーボードやマウスの操作によって、スリープ状態からWindows10が復帰されます。



➁ハイブリッドスリープ


中断時のデータは、メモリとHDD・SSDの両方に一時保存されます。もし、電源プラグやACアダプターがコンセントから抜けた場合でも、HDD・SSDからデータを復元できる特徴があります。主にデスクトップPCに推奨されている機能になります。


Windows10のデフォルト設定では、ハイブリッドスリープは無効になっています。以下、有効に変更する手順を紹介します。


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリの一覧にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」をクリックします。



「コントロールパネル」が開いたら、「システムとセキュリティ」をクリックします。



「システムとセキュリティ」画面では、「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリックします。



「プラン設定の編集」が表示したら、「詳細な電源設定の変更」をクリックします。



下記の「電源オプション」画面が開きます。少しスクロールして、「ハイブリッドスリープを許可する」から「電源に接続」をオンに変更します。

ノートPCの使用時は、「バッテリ駆動」の項目も表示されています。バッテリ使用時にハイブリッドスリープの利用設定ができます。



以上で、ハイブリッドスリープを有効にする手順は終わりです。


休止機能については、「Windows10 休止状態を電源メニューに表示させる方法」から説明していますので、参考までにどうぞ。



勝手にスリープに移行させないための方法【Windows10】


Windows10では、一定時間の経過でスリープに移行するようにデフォルト設定されています。


以下では、スリープの時間制限を解除する方法を紹介します。解除手順は2つあります。

  1. 「システムの設定」
  2. 「コントロールパネル」


①「システムの設定」


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリックします。



スタートメニューが開いたら、「電源オプション」を選択します。



「システムの設定」が表示したら、画面右側にある「次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする」を「なし」に変更します。

<ノートPCの場合>

<デスクトップPCの場合>



➁「コントロールパネル」


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」のボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリの一覧にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」をクリックします。



「コントロールパネル」が開いたら、「システムとセキュリティ」をクリックします。



「システムとセキュリティ」が開いたら、「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリックします。



「プラン設定の編集」の画面が表示されます。「コンピューターをスリープ状態にする」を「適用しない」に変更して、「変更の保存」のボタンをクリックします。

<ノートPCの場合>

<デスクトップPCの場合>



以上で、スリープの時間制限を解除する手順は終了です。



Windows10の節電機能について


Windows10の省電力について紹介します。参考までに、ご覧なってください。


≫Windows10の省電力機能の種類【電源プランの設定】



タイトルとURLをコピーしました