Windows10 スリープの種類と設定方法【省電力機能】


一定時間、パソコンを使わないで放置していると自動的にモニターが真っ暗になって電源が切れます。電気消費を抑えるためにスリープ機能が働いたからです。Windows10に搭載されている省電力機能は、スリープと休止状態の2つの機能が備わっています。


ここでは、Windows10の「スリープ」について詳しく解説していきます。


Windows10のスリープ機能とは


windows10省電力のひとつであるスリープとは、作業中のプログラムやドキュメントなどをメモリに保存してパソコンの電源を切ることをいいます。しかし、データ保存するためにメモリのみに電気が流れています。そのため電源プラグやACアダプターは常にコンセントに接続されていなければなりません。


メモリに保存したデータを読み取って短い時間で復帰できることが最大のメリットであるスリープは、キーボードやマウスの操作からパソコンを復帰させることが可能です。


「通常のスリープ」と「ハイブリッドスリープ」の2つの種類があるため、それぞれについて説明していきます。


①通常のスリープ


作業中断時にデータをメモリに保存してパソコンの電源が切れる一般的なスリープの状態です。定めた時間が経過すると、自動的に切り替わる場合と手動で切り替えさせる方法があります。


手動で切り替えたい場合は、Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューから「電源」のボタンを選択して、「スリープ」をクリックするとパソコンがスリープ状態になります。



➁ハイブリッドスリープ


ハイブリッドスリープは、作業中断時のデータはメモリとHDD・SSDに保存されます。もし、電源プラグやACアダプターがコンセントから抜けた場合、HDD・SSDからデータを読み取ることができるので復元させることが可能です。主にデスクトップ型のPCを使用している場合におすすめの機能となります。


Windows10のデフォルト状態ではハイブリッドスリープは無効になっているので、有効に変更するための手順を紹介します。


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリの一覧にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」の順番にクリックします。



「コントロールパネル」が開いたら、「システムとセキュリティ」をクリックします。



「システムとセキュリティ」が表示されたら、「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリックします。



「プラン設定の編集」になると、「詳細な電源設定の変更」をクリックします。



「電源オプション」のウインドウが開くので、下方向にスクロールして「ハイブリッドスリープを許可する」から「電源に接続」をオンに変更します。ハイブリッドスリープを有効にするための操作は完了になります。

ノートPCの使用中は、「バッテリ駆動」の項目も追加されています。バッテリ使用時にハイブリッドスリープを有効にしたい場合はオンに設定してください。



勝手にスリープ状態にさせないための方法【Windows10】


Windows10のデフォルト時では、一定時間の経過後スリープ機能が起動するようになっています。自動的にパソコンの電源が切れて欲しくない場合は、スリープ(省電力機能)にならないための設定を行う必要があります。


「システムの設定」「コントロールパネル」の2つから勝手にスリープ状態にさせないための手順を紹介します。

  1. 「システムの設定」
  2. 「コントロールパネル」


①「システムの設定」


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンを右クリックします。



メニューが開いたら、「電源オプション」を選択します。



「システムの設定」が表示されます。画面の右側にある「次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする」を「なし」に変更できたら、操作は完了になります。

<ノートPCの場合>

<デスクトップPCの場合>



➁「コントロールパネル」


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」のボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリの一覧にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」の順番にクリックします。



「コントロールパネル」が開いたら、「システムとセキュリティ」をクリックします。



「システムとセキュリティ」が表示したら、「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリックします。



「プラン設定の編集」が開くので、「コンピューターをスリープ状態にする」を「適用しない」に変更します。「変更の保存」のボタンをクリックしたら、操作は完了になります。

<ノートPCの場合>

<デスクトップPCの場合>



Windows10の省電力機能についての紹介をしています。参考になるので、是非ご覧になってください。

>>Windows10 パソコンを省電力するための機能と種類



タイトルとURLをコピーしました