Windows10 スタートアップを無効にする【アプリ自動実行の変更】


Windows10を立ち上げた時に、アプリケーションが自動で実行されるWindowsの機能を「スタートアップ」といいます。多くのアプリケーションのスタートアップが有効状態に設定されていると、Windows10の起動時間が長くなったり、パソコンの処理・動作が重たく感じたりします。


本記事ではスタートアップを無効にして、パソコンの動作を軽くできる方法を紹介します。普段、利用しない機能を停止状態にしてパフォーマンスを最適化してみましょう。無効から有効に変えるための手順も同じなので、参考にしてみてください。


それでは、みていきましょう。



スタートアップを無効にする手順


スタートアップを無効・有効にするための手順は2つあります。どちらもシンプルで簡単なので、好みの方を選んで行ってください。

①設定画面


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンから、スタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上にのせて「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示されたら、「アプリ」を選択します。



この様な画面が開いたら、左側にあるメニューから「スタートアップ」を選択します。



画面の右側が「スタートアップ」に切り替わります。パソコンにインストールされているプログラムが表示されので、横にある「オン」「オフ」からスタートアップの切り替えができます。

「オン」はWindows10起動時にアプリケーションが自動的に実行される状態、「オフ」で無効になります。



➁タスクマネージャー【タスクバーの右クリック】


Windows10タスクバーの何もないところを右クリックします。

Windows10 タスクマネージャーを表示させる方法」では、別の開き方も紹介しています。ぜひ参考にご覧ください。



メニューが出てくるので、「タスクマネージャー」を選択します。



「タスクマネージャー」が表示されるので、「スタートアップ」のタブをクリックします。

このような画面にならない場合は、ウインドウの左下側にある「詳細」をクリックしてください。



該当のプログラムを選択して、「有効」「無効」のボタンをクリックします。「x」からウインドウを閉じて、操作は完了になります。



タイトルとURLをコピーしました