Windows10 高速スタートアップの無効化


Windows10のスタートボタンから行う通常のシャットダウンでは、CPUやメモリなどの状態をパソコンのHDD・SSDに保存して電源が切れるようになっています。そのため、次にパソコンを起動させる時にはデバイスの初期化プロセスが省略されて、通常よりも時間が短縮されて起動が可能になります。この機能のことを「高速スタートアップ」といって、通常のWindows10では有効の状態になっています。


高速スタートアップの機能が有効であるため、新たに接続した周辺機器などが認識できなかったり、BIOSの変更が反映されない場合があります。その時は、無効にしてからシャットダウンすると認識・反映される場合があります。Windows10の高速スタートアップを無効にする手順を紹介しているので、活用してみてください。


それでは、みていきましょう。


Windows10の高速スタートアップの無効手順


Windows10ディスクトップの左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開くので、マウスカーソルを「歯車」アイコンの上にのせてから「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示したら、「システム」をクリックします。



「システム」が出てくるので、左側にあるメニューの一覧から「電源とスリープ」を選びます。



画面が切り替わるので、「電源の追加設定」をクリックします。



このような画面になるので、左側から「電源ボタンの動作を選択する」を選びます。



この画面になると、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。



次に、「高速スタートアップを有効にする(推奨)」に付いている「✓」マークを外して「変更の保存」から画面を閉じます。これで、操作は終了になります。



Windows10の高速スタートアップの無効は「完全シャットダウン」


高速スタートアップの機能について、さらに深く理解できるようになっています。ぜひご覧になってください。

>>Windows10 完全シャットダウンの実行方法



タイトルとURLをコピーしました