Windows10の高速スタートアップを無効に変更してみよう


通常、Windows10ではCPUやメモリなどの状態を、パソコンのHDD・SSD内に一時保存して電源が切れるようになっています。


次回のパソコンの起動時では、デバイスの初期化プロセスが省略され短い時間で起動します。このことを「高速スタートアップ」といって、Windows10のデフォルトでは有効に設定されています。


しかし高速スタートアップの機能が原因で、新たに接続した周辺機器が認識されない、BIOSの変更が反映されないといった問題が起こることもあります。


本記事では、Windows10の高速スタートアップを無効にする手順を紹介します。無効に変更した後、周辺機器やBIOS関連のトラブルが回避できることが期待できます。


それでは、無効にしてみましょう。


Windows10の高速スタートアップを無効にしてみよう


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」アイコンの上に移動して「設定」をクリックします。



下記画面が表示したら「システム」をクリックします。



「システム」が開いたら、画面左側のメニューから「電源とスリープ」を選択します。



下記画面に切り替わったら、「電源の追加設定」をクリックしましょう。



下記画面が開いたら、左側のメニュー欄から「電源ボタンの動作を選択する」を選択します。



次に、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。



「高速スタートアップを有効にする(推奨)」に付いている「✓」マークを外します。「変更の保存」をクリック。

高速スタートアップを無効から有効に戻す場合は、「✓」マークを付けます。



以上で、高速スタートアップの無効は完了になります。



高速スタートアップの無効について【Windows10】


高速スタートアップの無効は、バッテリー搭載のノートパソコンにおすすめです。パソコン内に電流を流さない状態でシャットダウンして、バッテリーに負荷が掛からない仕組みになっているからです。


下記記事では高速スタートアップの無効について、さらに詳しく紹介しています。是非こちらもご覧ください。


≫Windows10 完全シャットダウンを実行する方法



タイトルとURLをコピーしました