Windows10でシステムの保護を有効と無効に切り替える方法


Windws10では、システムの保護を有効に設定することで復元ポイントが自動作成されます。手動作成の場合も同様に、システムの保護を有効にしている必要があります。


復元ポイントとは、Windows10を以前の状態に戻す機能のことです。


本記事では、Windows10でシステムの保護を有効と無効に切り替える手順を紹介します。


それでは、はじめていきましょう。



Windows10でシステムの保護を有効に切り替える


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上に移動して「設定」をクリックします。



下記画面が表示したら、「システム」を選択します。



次に、画面左側のメニューから「詳細情報」を選択します。



画面右側にある「システムの保護」をクリックします。



プロパティが開きます。「システムの保護」のタブを選んでから「構成」のボタンをクリックします。



下記画面が表示します。「システムの保護を有効にする」を選択したら、有効の状態になります。

「システムの保護を無効」に選択した場合、有効から無効に切り替えることができます。



「ディスク領域の使用量」では、復元ポイントのため保存される領域のことです。ストレージ全体容量の使用可能領域をパーセンテージで設定することができます。つまみをクリックしてスライドバー上を左右に動かして使用領域を指定できます。多くても15%以内に設定しておくことがおすすめです。



「OK」のボタンをクリックして画面を閉じます。



以上で、Windows10でシステムの保護を有効に切り替える手順は終了になります。


システムの保護を有効に設定した後は、Windows10で復元ポイントを手動で作成する方法をご覧になってください。



タイトルとURLをコピーしました