Windows10 タスクバーにある検索ボックスを削除する方法


広いスペースを使用している「🔎ここに入力して検索」のボックス。タスクバーから削除(非表示)できたり、「🔎」アイコンだけの表示にできたりすることが可能なので、タスクバーを広く使用したい場合にオススメの設定手順となっています。『アプリのショートカットアイコンを増やしたい、一度にたくさんのアプリを開けたい』という場合には、ぜひ試してみてほしい内容となっています。


それでは、「ここに入力して検索」を削除してみましょう。



タスクバーから検索ボックス削除手順【Windows10】


Windows10のタスクバーの何もないところで右クリックします。



メニューが開いたら、「検索(H)」から「表示しない(N)」の順番にクリックします。



下記の写真のようにタスクバーから「ここに入力して検索」が削除されました。削除を行うための操作は終了になります。

通常の状態に戻したい場合は、メニューから「検索ボックスを表示」のクリックをします。



メニューから「検索アイコンを表示(W)」を選んだ場合の結果をみてみましょう。



削除と違って、ボックスが「🔎」のアイコンに省略されるようになります。アイコンをクリックしたら「ここに入力して検索」が出てくるようになっています。



本記事では検索ボックスの削除手順を紹介してきましたが、タスクバーに関連したオススメ記事をいくつか紹介します。


自動的に隠す手順になります。普段は、見えないように設定して全画面が作業スペースとして活用できるようになります。詳しくは、下記で説明しているのでどうぞ。


位置を変更して作業効率を上げてましょう。上記で紹介している手順と組み合わせて自分好みの設定にしてみてもGOODだと思いますよ。


下記は、色を変えるための記事紹介になります。カラー変更するだけで、いつもと違う雰囲気のパソコン画面に。ぜひご覧になってください。



タイトルとURLをコピーしました