Windows10でタスクバーの検索ボックスを非表示にする方法


Windows10では、タスクバー上の「🔎ここに入力して検索」を非表示にできます。使用範囲が広くなり便利です。



 

  • 複数のショートカットアイコンをタスクバーに追加したい方
  • 一度に、複数のアプリを使用してもタスクバー上を見やすくしたい方

 


本記事では、検索ボックスを非表示にする設定と「🔎」の検索アイコンに変更する手順を紹介します。


それでは、みていきましょう。



Windows10でタスクバーの検索ボックスを非表示にしてみよう


Windows10のタスクバー上の何もないところで右クリックします。



メニューが開いたら、「検索」から「表示しない」の順番にクリックします。



下記画面では、検索ボックスが非表示に変更されました。

デフォルトの表示設定に戻す場合は、メニューから「検索ボックスを表示」をクリックします。



以上で、検索ボックスを非表示にさせる手順は終わりになります。



Windows10のタスクバー上に検索アイコンに変更してみよう


検索アイコンに変更するため、Windows10でタスクバーの何もないところを右クリックします。
メニューが開いたら、「検索アイコンを表示」を選択します。



「🔎」の検索アイコンに省略されます。クリックしたら「ここに入力して検索」の画面が開くので、通常と同じ使用方法になります。



以上で、「🔎」の検索アイコンに省略する手順は終わりです。


今回、タスクバー内を広く使用できる手順を紹介しましたが、自動で隠すことも可能です。ディスプレイ画面を最大限に使いたい場合におすすめしています。


≫Windows10のタスクバーを自動的に隠すための方法



Windows10のタスクバー関連記事


Windows10でタスクバーの使い方を紹介してます。下記記事からご覧ください。


≫Windows10 タスクバーの使い方とカスタマイズ



タイトルとURLをコピーしました