Windows10 タスクバーを自動的に隠す方法


Windows10のタスクバーは、デフォルト時の状態では常に表示されるようになっていますが、自動的に隠すことができます。隠された領域部分を使うことができるため、いつもよりも広いディスプレイになります。たくさんのウインドウを使用する場合は見やすくなって使いやすい機能なのオススメです。


それぞれの環境に応じた隠し方を紹介していきます。

  1. デスクトップモード使用時
  2. タブレットモード使用時


それでは、みていきましょう。


タスクバーを隠す手順【Windows10デスクトップモード時】


Windows10のタスクバー上で何もない部分を右クリックします。メニューが出てくるので「タスクバーの設定」をクリックします。



このような画面が表示されます。右側にある「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」をオンにしたら、自動的に隠れるようになります。(※オフにすると常に表示されます)

Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタン→「設定」→「個人用設定」→左側にあるメニューから「タスクバー」を順番にクリックしても同じ画面を開けることができます。



ディスプレイ上では隠れている状態です。タスクバーを表示させたい場合は、マウスカーソルを一番下まで移動させると出現します。マウスカーソルが離れると隠すことができます。



タスクバーを隠す手順【Windows10タブレットモード時】


2つの手順を紹介していきます。好みの手順から操作を行ってください。

  1. 「システム」
  2. タスクバーの何もない所で右クリック


①「システム」


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」のボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上にのせてから「設定」をクリックします。



「システム」をクリックして次の画面に切り替えます。



「システム」の画面に切り替わるので、左側にあるメニューから「タブレット」を選択します。その次に、右側から「タブレットの追加設定を変更する」をクリックします。



変更するための画面が出てくるので、「タスクバーを自動的に隠す」をオンにします。これで、隠れるようになったので操作は終了となります。

オフに戻すことで、常に表示されている状態になります。



➁タスクバーの何もない所で右クリック


タスクバーの何もない所にマウスカーソルを移動させて右クリック→「タスクバーの設定」→画面の右側にある「タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す」をオンにします。これで、隠すことができました。

オフに戻すことで、常に表示されている状態になります。



Windows10 タスクバーの色を変更する方法を紹介いています。スタートメニューやアクションセンターなどの色も同時に変更されるので、是非ご覧になってください。



タイトルとURLをコピーしました