Windows10でタスクバーの位置を移動する方法


Windows10では、画面下端がタスクバーのデフォルト位置になっています。


左側、上側、右側の各場所に移動できるので、自分好みの位置にカスタマイズしてみましょう。

[左側の位置]

[上側の位置]

[右側の位置]



今回は、Windows10のタスクバーの位置を移動させる方法を紹介します。


それでは、みていきましょう。



Windows10でタスクバーの位置を変える2つの手順


2つの手順を紹介します。どちらも簡単なので好みから変更したらいいです。

  1. 設定画面
  2. 固定の解除


①設定画面


タスクバー上の何もないところで右クリックします。メニューが開くので「設定」を選択します。



下記画面が開いたら、スクロールして「画面上のタスクバーの位置」をクリックします。



「左」「上」「右」「下」から好みの位置を指定できます。

Windows10のデフォルト設定に戻す場合は、「下」が標準の位置になります。



➁固定の解除


タスクバー上の何もないところで右クリックします。メニューが開いたら、「固定する」を選択して固定化の解除をします。



タスクバー上で左クリックを長押したままで、画面の左端、上側、右端までマウスカーソルを移動させてみましょう。それぞれの位置に変更されるので好みの場所に移すことができます。



以上で、位置を変えるための設定は終わりです。



Windows10でタスクバーの位置を移動した後の使い方


見た目が変わるだけで基本的な使い方は同じです。
左右表示の場合は、タスクバー上にある「🔎ここに入力して検索」のボックスが「🔎」のマークに省略されたことくらいが大きな違いになります。



①隠れている場合


自動的に隠れているサイドにマウスカーソルを移動したら表示されます。自動的に隠す手順は、下記記事より紹介しています。


≫Windows10のタスクバーを自動的に隠すための方法



➁色の変更が可能


色を変更して雰囲気を変えることもできます。スタートメニューなども同時に変わりますが、参考までに下記記事より紹介します。


≫Windows10のタスクバーを好みの色に変更する方法



タイトルとURLをコピーしました