Windows10 タスクバーの位置を移動する方法


Windows10のタスクバーは、表示画面の下側にある位置がデフォルト状態になっていますが、左側、上側、右側に移動させられます。自分の好みの場所を見つけてオリジナル画面にカスタマイズしてみましょう。

[左側]

[上側]

[右側]


本記事では、位置を移動させるための方法を紹介しています。それでは、みていきましょう。



Windows10でタスクバーの位置を移動させるための2つの手順


どちらの操作方法もシンプルで簡単なので、好みの手順から選んで設定してください。

  1. 設定からのやり方
  2. 固定の解除してからのやり方


①設定から位置を変える手順


Windows10デスクトップにあるタスクバーの上にマウスカーソルを持ってきて右クリックしたら、メニューが開くので「設定(T)」を選択します。



設定するための画面が開いたら、少し下の方向にスクロールして「画面上のタスクバーの位置」をクリックします。



「左」「上」「右」「下」から好みのスタイルを選択したら、すぐに反映されるため分かりやすいです。それぞれの場所に移して確認してみてください。

Windows10のデフォルト状態に戻したい際は「下」が標準の位置になります。



➁固定を解除してから位置を変える手順


Windows10デスクトップにあるタスクバーの上にマウスカーソルを持ってきて右クリックしたら、メニューが開くので「固定する(L)」を選択します。固定化が解除されるようになります。



タスクバーの上で左クリックを押している状態で画面の左端、上側、右端までマウスカーソルを移動させてみましょう。それぞれの位置に変更されるので好みの場所に移してください。



Windows10でタスクバーの位置を移動した後の使い方


見た目が変わるため慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、基本的に同じです。Windows10スタートボタンの隣にあった「🔎ここに入力して検索」の検索ボックスが「🔎」のマークに省略されたことくらいが大きな変更ポイントになるのではないでしょうか。



自動的に隠している状態の場合は、通常と同じようにして隠れているサイドにマウスカーソルを持っていけば表示されるので大丈夫です。自動的に隠れるための手順が知りたい場合は、こちらで紹介しているので必要な場合はご覧ください。


また、色を変更して雰囲気を変えることもできます。スタートメニューなども同時に変わるため、参考になればどうぞ。



タイトルとURLをコピーしました