Windows10 壁紙(背景)を変更する方法


デスクトップの壁紙は、パソコンやOneDriveに保存されている写真ファイルやWindows10にインストールされてい画像に変更することが可能です。「個人用設定」から壁紙の変更が可能で、単色やスライド形式の背景にすることもできるので参考にしてみてください。


それでは、Windows10デスクトップを好みの画像に変えていきましょう。


Windows10壁紙の変更方法【個人用設定】


Windows10のディスクトップ画面にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが出てくるので、マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上にのせてから「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開くので、「個人用設定」をクリックします。



このような画面に切り替わるので、画面の左側にあるメニューから「背景」を選びます。

デスクトップ上の何もないところで右クリックして表示される「個人用設定」を選んでも同じ画面になります。



「背景」にある「▽」をクリックします。



「画像、単色、スライドショー」の中から好みの表示パターンの選択が可能です。

  • 「画像」:Windows10に入っているデフォルトの写真、パソコンに保存している写真ファイルなどから壁紙として変更できる。
  • 「単色」:単色の壁紙(背景)に変えることができる。好みの色に変更可能です。
  • 「スライドショー」:数枚の写真ファイルを使ってスライド形式にできます。



Windows10壁紙の変更方法【画像、単色、スライドショー】


Windows10の壁紙を変更するための3つの背景パターンについて紹介していきます。

「画像」について


Windows10に入っているデフォルトの写真から選ぶことができます。又は、「参照」のボタンをクリックして自分のパソコンに保存している写真ファイルなどから壁紙に変えることができます。



壁紙のための写真を選ぶことができたら、次に「調整方法を選ぶ」にある「▽」をクリックします。



自分好みの調整パターンを選びます。(※よく分からない場合は、「ページ幅に合わせる」を選んでください)これで、壁紙(背景)は変更されます。



「単色」について


「背景色の選択」から好みの色を選ぶことができます。又は、「ユーザー設定の色」から自分のオリジナルカラーを作ることも可能です。



「スライドショー」について


「スライドショーのアルバムを選ぶ」にある「参照」のボタンをクリックしてから、壁紙をスライド形式にするためJPGファイルやPNGファイルなどが入っているフォルダーを選択します。(※ひとづつJPGファイルやPNGファイルを選んで決めることはできません)



フォルダーを選んだら、「画像の切り替え間隔」「シャッフル」「調整方法を選ぶ」を好みに変更してください。
※ノートパソコンの使用時に限り「バッテリー使用時でもスライドショーを実行する」が表示されています。オフにすることで、バッテリー使用時にスライドは止まります。



【トラブルの対処】Windows10の壁紙が正常に表示されない


デスクトップ画面に表示されている壁紙が鮮明に映らなかったり、サイズが合っていなかったりと様々なトラブルがありますが、ここでは代表的な対処法を簡単に紹介していきます。トラブルが起こる一番の理由は、パソコンのモニターと元の写真の解像度が一致していないケースが考えられます。全画面に表示できなかったり、鮮明に表示されていない場合は解像度をチェックしてみましょう。フルHDのモニターを使用しているのであれば、1920x1080pのサイズが一番適していますが、4Kのモニターの場合は、3840x2160pのサイズが最適です。この内容を理解していれば、多くのトラブルは防ぐことができると思います。



タイトルとURLをコピーしました