【評判】inphicのワイヤレスマウスをレビューしてみた


こんにちは、ひろっきーです。


今回は、inphicというメーカーから発売されているワイヤレスマウスを実際に1年ほど使用した感想とレビューを紹介します。


最低限の機能しか使わなくて、コスパに優れたワイヤレスマウスを探している方には最適になっています。


inphicのマウスはこんな特徴になっています。

  • オシャレなデザイン。
  • 軽くて使いやすい。
  • クリック音が全くしない。
  • USBレシーバー付き。
  • ブルートゥース接続に対応。


inphicのマウスは値段が安く設定されている割には、多くの特徴があり魅力的です。シンプルな3ボタン式なので通常のクリックとスクロールに対応。ネットサーフィンや事務の仕事用には十分に活用できます。


それでは、みていきましょう。



「inphic」というメーカーの評判【どこの国?】


「inphic Electronic Co., Ltd」というメーカーは中国の電子機器メーカー。1993年に設立されて以来、長い歴史を持っている企業のようです。

≫inphicの公式サイト(英語)


現在、パソコンのマウスを主力製品として全世界に展開しています。アメリカではそこそこ評判のある製品にまで認知されているようです。安い価格設定が好評で、職場で使ったり、旅行など持ち運びに最適だったりと人気があります。


inphicのカスタマーサービスはとても親切な対応で、多くのユーザーの方が気に入っている様子です。



inphicのワイヤレスマウスをレビューしてみました


inphicのマウスは価格以上の性能と使いやすさ大きな特徴になっています。


高いトラッキング精度を備えているため、ストレスを感じさせない反応速度は有線マウスを使っているような感じです。優しいクリック感と静かなクリック音は、上品な使用感を与えてくれる満足度の高い品質になっています。


サイズは小さめになっていますが、自分のように手のひらが大きくてもホールドしやすく操作性も悪くありません。



USBレシーバーを収納できるスペースが付いているため、持ち運びに適している親切な設計は嬉しいポイントです。

格納中はUSBレシーバーが飛び出しているので、そのまま使用することは不可。



重さは単二電池とほぼ同じ66gになっていて、長く使っていても疲れにくい特徴があります。めちゃくちゃ軽いのでスムーズに動かせるころに好感が持てます。



付属のUSBケーブルが少し短くなっています。マウスの充電が楽にできるために、長いサイズのUSBケーブルがあると便利です。



電源をオン・オフに切り替えることが可能で、使用しない場合はしっかりとエネルギー対策もできます。ちょっとしたマウスを探しているのであれば、かなり「買い」だと思います。



inphicマウスの使い方と接続方法


dpi設定の変更できる以外は、通常の3ボタン式マウスと同じ使い方になっています。


接続方法はUSBレシーバー(2.4GHz)とブルートゥース(5.0と3.0)の3種類になりますので、好みの方法で接続可能です。



inphicのマウスは省エネの設計がされているため、5分間何も操作がない場合は自動でスリープ状態になります。


マウスを軽く動かすとアクティブ状態になるようですが、実際はボタンを押さないとスリープ状態から解除されない仕組みになっています。このとき、リンクの誤クリックを避けるために右クリックの使用で解決できます。



さいごに


ほぼ同じ性能と価格帯になっているアマゾンブランド製品のEono(イオーノ)と比較してみました。



参考までに、各スペックの比較をしています。

inphicアマゾン
価格1299円(送料別)1599円(送料別)
静音性
駆動方法バッテリー単三電池1本
重さ68g80g
USBレシーバー
ブルートゥース×
耐久性500万回クリック



inphicマウスの耐久性については詳しい情報が得られませんでしたので、1年ほど使用した感想を紹介します。


ほぼ毎日2~3時間は使用していますが、大きなトラブルは起こっていません。ボタンの反応やクリック感は購入時と変わらず、劣化している様子はなくまだまだ使えそうです。


個体差に当たりはずれがあるようですが、1年保証期間がついているので安心です。最低でも1年使えたら価値あるマウスだと思います。



タイトルとURLをコピーしました