Windows10 「メモ帳」アプリの使い方【全機能を紹介】


Windows10に標準搭載されている「メモ帳」アプリは、シンプルな機能のみが備わった標準テキストエディター。ちょとしたテキストファイルの作成やメモ変わりに活用できるため、手軽で便利なアプリとなります。


本記事では、Windows10から「メモ帳」アプリを起動させる方法とアプリを最大限に活用できるため全ての機能を紹介していきます。

  1. Windows10から「メモ帳」アプリを起動させる方法
  2. メモ帳の基本的な使い方【Windows10】
  3. メモ帳を最大限に使うため全ての機能を紹介【Windows10】


それでは、みていきましょう。


Windows10から「メモ帳」アプリを起動させる方法


Windows10では、デスクトップとスタートボタンの2種類の方法からメモ帳の起動が可能になっています。

  1. デスクトップ画面からの起動手順
  2. スタートボタンからの起動手順


Windows10のデスクトップ画面からの起動手順


Windows10のデスクトップ画面で、何もない所で右クリックしてショートカットメニューを開けます。マウスカーソルを「新規作成」の上にのせて「テキストドキュメント」のクリックから、メモ帳が起動します。



Windows10のスタートボタンからの起動手順


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



Windows10のスタートメニューが開いたら、アプリの一覧にある「Windowsアクセサリ」から「メモ帳」の順番にクリック。アプリが起動します。



起動手順は以上になります。



メモ帳の基本的な使い方【Windows10】


Windows10のメモ帳を活用する際に、知っておきたい最低限の機能を紹介します。


元に戻す


「元に戻す」は、誤って削除した文章や単語を復元させたい時に用いる機能で、ひとつ前の作業状態に戻すことです。「編集」タブから「元に戻す」のクリックで実行できます。



「メモ帳」画面の何もない所で右クリックしてショートカットメニューを表示させます。メニュー内にある「元に戻す」をクリックしても同じです。



切り取り・コピー・貼り付け・削除


「切り取り」&「貼り付け」は、指定した単語や文章をその場所から削除(切り取り)して別の場所に表示(貼り付け)します。「コピー」は、指定した単語や文章の複製が可能で「貼り付け」でコピー表示させることができます。「削除」は、指定した単語や文章を削除します。


左クリックの長押しで該当する単語や文章を青色にマーカーします。「編集」タブをクリックして「切り取り」「コピー」「削除」を選択することができます。「切り取り」「コピー」を実行した後に「貼り付け」の選択が可能になります。



「メモ帳」画面の何もない所で、右クリックして「切り取り」「コピー」「削除」を選択することも可能になります。同様に、「切り取り」「コピー」を実行した後に「貼り付け」の実行ができるようになります。



テキストファイルを保存する方法


「ファイル」タブから「上書き保存」か「名前を付けて保存」を選択してテキストファイルを保存することが可能になります。開いた画面から、ファイル名の入力と保存先を指定したら保存は完了です。



メモ帳を最大限に使うため全ての機能を紹介【Windows10】


Windows10のメモ帳を最大限に使うため、搭載されているすべての機能の使い方を紹介していきます。面白い機能があったりするので、ぜひご覧になってください。


検索


「検索」は、指定した文字や単語を全体の中から探し出すことができるため、簡単に目的の単語などを見つけることが可能です。


「編集」タブから「検索」をクリックします。



「検索」のウインドウが開きます。「検索する文字列」のボックスに単語や文章を入力して、「次を検索」のボタンから検索します。



置換


「置換」は、指定した単語や文章を別の文字に置き換えることができます。単語や文章を一括で置き換えるため、ひとつの単語のみを置き換えたい場合は手動で置換しなければなりません。


「編集」タブから「置換」をクリックします。



「置換」のウインドウが開きます。「検索する文字列」「置換後の文字列」の2つのボックスに、それぞれ単語や文章を入力して「すべて置換」をクリックしたら置き換えられます。



日付と時刻を表示


下記の写真のように、ボタンひとつの操作で日付と時刻を表示することができます。ちょっとした日記などを書いている場合に便利な機能です。



日付と時刻の表示方法は、「編集」タブから「日付と時刻」を選択したら表示できます。キーボードの「F5」キーを押すだけでも簡単に表示されます。



書式(フォント)の変更


書式(フォント)を変更することができます。スタイルやサイズの変更も可能で、細かい設定ができます。


「書式」タブから「フォント」の順番にクリックします。



「フォント名」「スタイル」「サイズ」から好みの設定に変更できます。「OK」のボタンをクリックしたら、設定は終了になります。



右端で折り返す


改行されていない長い文章は画面に収まりきらないため、左右に動かして続きの文章を入力したり、読まなければなりません。画面の端まで到達した際に、文字を折り返す便利な機能を紹介します。



「書式」タブから「右端で折り返す」をクリックします。



画面の端で折り返されて、ウインドウ画面の中に全ての文字が表示さます。よくメモ帳を利用される方には、おすすめの機能です。



文字の拡大・縮小機能


「ズーム」は、文字を拡大・縮小を行うことができます。最大500%までの拡大、最小10%までの縮小が可能となっています。「表示」タブから「ズーム」の順番に進みます。「拡大」「縮小」「既定の倍率に戻す」の中から、それぞれのズーム機能を選ぶことができます。

キーボードの「Ctrl」+「+」のキーを同時押しで拡大、「Ctrl」+「-」のキーを同時押しで縮小することができます。既定の倍率に戻したい場合は、「Ctrl」+「0」のキーを同時に押します。



参考までに、最大値の500%まで拡大した場合はこんな感じで表示されます。



文字化け対策・対処


Windows10のメモ帳からテキストファイルを開けると正常に文字が表示されない場合があります。文字化けを改善するためには対策・対処が必要になります。下記記事から詳しく説明しているので、ご覧ください。


≫メモ帳で開いたファイルが文字化けしていた場合の対処法【Windows10】



「Bing」で検索


メモ帳から「Bing」経由で検索することが可能です。調べたい文字をマークして、「編集」タブから「Bingで検索」の順番にクリックします。



Webブラウザーが自動的に起動して、「Bing」で検索されたページが開きます。



以上で、全機能の紹介になります。



Windows10に搭載されているメモ帳とワードパッドの違いについて


Windows10のメモ帳とワードパッドの違いについては、下記記事から詳しく説明しています。参考までにどうぞ。


≫メモ帳とワードパッドの違いとは?【Windows10】



タイトルとURLをコピーしました