Windows10 メモ帳で開いたファイルが文字化けしていた場合の対処法


Windows10のメモ帳でテキストファイル(拡張子は.txt)を開けたら文字化けしていたという経験はないでしょうか?



テキストファイルの作成時に設定した文字コードが、メモ帳で設定されているコードと一致していないことが文字化けの原因になります。

文字コードとは、パソコンで文字や数字などを表現するために対応させた数値化されたコードのこと。メモ帳には、「UTF-8」「ANSI」などが登録設定されている。


本記事では、メモ帳の文字コードを変更してファイルを正常に表示させるための対処手順をWindows10から紹介します。


それでは、みていきましょう。



メモ帳で文字化けファイルが開いた場合の対処手順【Windows10】


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開くと、アプリ一覧から「Windowsアクセサリー」→「メモ帳」の順番に選択してメモ帳のアプリを起動させます。



画面の左上にある「ファイル」から「開く」の順番にクリックします。



下記写真のようなウインドウが表示されたら、該当するテキストファイルを選択します。



次に、画面下側の「文字コード」のボックスをクリックして「UTF-8」を選択します。

スタンダードになっている「UTF-8」は、多くの文字化けを正常表示にできる可能性があるために最初に選択して様子を確認しています。



「開く」のボタンをクリックして、文字が正しく表示されているか確認します。これで文字化けを対処するための操作は終了になります。

文字化けが改善されなかった場合は、違うコードに変更してから再び試してみてください。



いかがだったでしょうか?文字化けの原因は様々な理由があるため改善できないときがあります。また、メモ帳で作成したテキストファイルを他のアプリで開く場合も同様に、コードを一致させるように設定する必要があります。


Windows10でメモ帳の使い方を紹介してます。全ての機能を網羅的に解説・説明しているため、アプリを使いこなすことができるようになります。下記からご覧ください。


≫Windows10 メモ帳を起動させるための方法と使い方



タイトルとURLをコピーしました