JINS と Zoff のブルーライトカットメガネを徹底比較


JINS(ジンズ) と Zoff(ゾフ) のブルーライトカットメガネをどっちにするか迷っている方向け。


このような方におすすめです。

  • JINS と Zoff のどっちかで検討している方。
  • 国内メーカーの高い品質を望んでいる方。
  • 度なしメガネの価格を詳しく知りたい方。
  • ブルーライトカットの効果を知りたい方。
  • 軽量でストレスフリーの眼鏡を探している方。


本記事では、JINS(ジンズ) と Zoff(ゾフ) を比較検討しています。


自分の好みに合ったブルーライトカットメガネが見つかれば幸いです。


それでは、みていきましょう。



JINS のブルーライトカットメガネ


JINS の特徴について紹介しています。


JINS SCREEN レンズ


紫外線99%以上の削減と撥水コートが搭載されています。3種類の中から選択できるので、生活スタイルに応じて使用が可能です。

  1. 「DAILY」 :自然な見た目で日常使いに適している。
  2. 「HEAVY」:PC・スマホの長時間使用に適している。
  3. 「NIGHT」:寝る前にスマホの使用に適している。


「DAILY」
ブルーライトカット率
25%(EN規格)、42%(BS基準)ほぼ無色透明の自然色


「HEAVY」
ブルーライトカット率
40%(EN規格)、51%(BS基準)少し分かる程度


「NIGHT」
ブルーライトカット率
60%(EN規格)、62%(BS基準)はっきりと認識できる



JINS フレーム


ノーズパッドを無くしたモデル。鼻への負担を減らして軽い掛け心地になっています。


弾力性と耐久性に優れた「TR-90」を採用
  • 軽量素材でストレスが軽減されます。
  • フレーム全体の型崩れを防止します。
  • 金属アレルギーで悩んでいる人に最適。



Zoff ブルーライトカットメガネ


Zoff の特徴について紹介しています。


Zoff レンズ


紫外線(UV)は、99%の削減がされます。水・皮脂などの汚れから保護できる超撥水コートも搭載されていて満足できる性能です。


2つの種類から選べるようになっています。

  1. 「透明度重視」:日常でも使いやすく場所を選ばない。
  2. 「ブルーライトカット率重視」:長時間パソコン作業する方向け。


「透明度重視」
ブルーライトカット率
35%(BS基準)無色に近い


「ブルーライトカット率重視」
ブルーライトカット率
50%(BS基準)色が付いている



Zoff フレーム


小顔効果が期待できるメタルフレームと優れた弾力性などの特徴をもつプラスチックフレームの選択が可能なのが大きな特徴です。

  • ULTEM™(ウルテム) 、TR-90 、アセテートなどのプラスチック系素材。
  • βチタンやアルミニウムなどのメタル系素材。


アセテートには豊富な色があるため、好みのカラーが選べます。流行りのメタルフレームを使用できる魅力もあるため、選択肢の幅が広がります。



JINS と Zoff のブルーライトカットメガネの価格


JINS と Zoff の価格をまとめてみましたので、参考までにどうぞ。


JINS(ジンズ) の価格


JINS(ジンズ) の価格について紹介しています。


JINS フレーム


フレーム価格は5500円になっています。


JINS レンズ


薄型レンズが採用されています。

  • フェイスラインの歪みが少ない。
  • 目が小さく見えにくい。


度なしレンズ価格は5500円から。屈折率は、1.60 と 1.67 の2種類から選べます。




Zoff(ゾフ) の価格


Zoff(ゾフ) の価格について紹介しています。


Zoff フレーム


ブルーライトカットメガネの価格は、子ども用は3300円(税込み)、大人用は5500円(税込み)から。Web限定価格は4400円から。


Zoff レンズ


度なしレンズは追加料金は無し。


(薄型)外面非球面レンズを選択する場合は、追加料金が発生します。

  • 屈折率1.60(+5,500円[税込])
  • 屈折率1.67(+7,700円[税込])
  • 屈折率1.76(+13,200円[税込])




JINS と Zoff はどっちがおすすめ


ここでは、JINS と Zoff の特徴を簡単にまとめて紹介しました。


フレームは、どちらも軽くてストレスフリーの高性能になっています。JINS と Zoff のそれぞれメーカー独自の良さ・強味が入っているため、好みの問題になるかと。


度なしブルーライトカットメガネを検討している人は、レンズが付いて5500円から購入できる Zoff の方が JINS よりお得に購入できます。


薄型レンズが希望で屈折率1.60に設定した場合は、同価格の11000円。屈折率1.67のレンズを搭載する場合には、JINS の方が Zoff よりお得に購入できます。



おすすめ関連記事


リーズナブルな価格で購入できるブルーライトカットメガネのおすすめを紹介していますので、よかったらご覧ください。

≫おしゃれなブルーライトカットメガネのおすすめ12選【大人・子ども向け】



タイトルとURLをコピーしました