Microsoft Edgeのお気に入りをバックアップ保存してみよう【エクスポート機能】


Windows10を再インストールしたり、新しいパソコンに買い替えたりする場合に、Microsoft Edgeに登録されているお気に入りのWebサイトを移し変える必要があります。


Microsoftアカウントでログインしている場合は、クラウド上にお気に入りが自動バックアップされています。そのため別のパソコンからでも同じように、Microsoft Edgeが使用できます。


本記事では、ローカルアカウント使用時にバックアップを行う方法を紹介します。


バックアップしたURLを新しいパソコンに復元(インポート)する方法も合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


それでは、バックアップを作成してみましょう。


Microsoft Edgeでお気に入りのバックアップを作成


Microsoft Edgeを起動させて、画面右上の「…」からメニューを開けることができます。



メニューが開いたら、「お気に入り」を選択します。



「…」から「お気に入りの管理」の順番にクリックします。



管理画面が表示されます。 右側にある「…」をクリックして「お気に入りのエクスポート」の順番に進みます。



ファイルの名前と保存先を決めて「保存」のボタンをクリック。保存先にバックアップしたHTMLファイルの確認をします。



以上で、Microsoft Edgeから行うバックアップの操作は完了です。


Webサイトの登録手順は、Microsoft Edge お気に入りに追加(登録)する方法から説明しています。登録した複数のURLの整理手順も紹介していて便利になっています。



Microsoft Edgeにお気に入りをインポート(復元)


Microsoft Edgeの起動後、右上にある「…」から下記画面まで進みます(上記を参考にしてください)。
右側にある「…」から「お気に入りのインポート」の順番にクリックします。



バックアップからデータ復元を行うためのウインドウが表示されます。「お気に入りまたはブックマークのHTMLファイル」を選択してください。



下記画面になったら、「ファイルの選択」のボタンをクリックします。



バックアップしたHTMLファイルを選んで、「開く」のボタンからインポートします。



「すべて完了しました!」のメッセージが出てきたら、Microsoft Edgeへデータを復元することができました。



バックアップから復元させたWebサイトが、リスト内に表示されているか確認してみましょう。



以上で、Microsoft Egdeから行うインポートの操作は完了になります。


下記記事より、Microsoft Edgeにお気に入りバーを表示させる手順を紹介します。非常に便利な機能なので、ぜひ活用してみてください。


≫Microsoft Edgeにお気に入りバーを表示させてみよう



タイトルとURLをコピーしました