Windows10 更新プログラムの確認方法【Windows Update】


Windows UpdateからWindows10の更新プログラムを手動で確認するための方法を紹介します。


「更新プログラムの確認」とはWindows10のアップデートのことになります。OSが持つ脆弱性を修正して外部からの悪質なプログラムの侵入を防ぐ役割があり、個人情報の漏洩を防止するため重要なセキュリティ対策です。

個人情報の漏洩とは、住所や氏名など個人の特定ができる情報や銀行の口座番号、重要なパスワードなどがパソコンを経由して第三者の手に渡ること。


Windows10は自動的に更新プログラムのチェックが行われていて、必要に応じてアップデートファイルがパソコンにダウンロード・インストールされています。ここでは、手動でOSのアップデート作業を行う方法を紹介しています。


それでは、みていきましょう。


Windows10の更新プログラムの確認手順


※インターネットに接続された環境で、アップデート作業を行います。また、ファイルをダウンロード・インストールしている最中に、パソコンの電源が切れないように注意してください。


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンをクリックします。



スタートメニューが開くので、マウスカーソルを「歯車」アイコンの上にのせてから「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が出てきます。「更新とセキュリティ」をクリックしてください。



画面の左側にあるメニューから「Windows Update」をクリックします。すると、画面の右側に「Windows Update」のページが表示されるので「更新プログラムのチェック」をクリックします。



「更新プログラムを確認しています…」が表示されます。更新プログラムの有無で状況が変わります。

  • 更新プログラムがある場合:Windos10の更新ファイルのダウンロードとインストールが開始されます。場合によってパソコンの再起動が要求されます。
  • 更新プログラムが無い場合:「最新の状態です」と表示されます。



1週間に1度のサイクルで、手動でWindows10のアップデートを行うことをおすすめしています。常に最新の状態でパソコンを使用することは、セキュリティの安全のために重要なことです。


同時にウイルス対策ソフトの導入で、セキュリティ対策は万全になるでしょう。ここでは、無料版のアバストアンチウイルスについて紹介しています。

>>Avast Free Antivirus インストールする方法 [Windows10]



タイトルとURLをコピーしました