PCモニターを目に優しい明るさ設定にしよう【輝度の基準】


パソコンやスマホなどで、目にストレスや負担を与えている現代の生活スタイル。特に、液晶モニターから目に入る「光」の量が、ストレスや負担に感じる要因のひとつです。


「光」とはブルーライトのことで、ドライアイや目のかすみといった症状が引き起こされます。肩こりや頭痛などに悪化する場合もあります。


モニターは明るすぎても暗すぎてもNGで、目を必要以上に疲れさせてしまいます。目に優しい最適な輝度について知る必要があります。


本記事では目の健康を考えて、PCモニターを適正な明るさに設定する方法を紹介します。目の疲れを減らすライフスタイルを手に入れてください。


それでは、みていきましょう。



目にとって最適なモニターの明るさとは?


一般的な家電製品を例にして、輝度の目安を数値化にまとめてみました。数値化にして表す場合は、「cd/㎡(カデラン/平方メートル)」の単位を用います。

  1. 一般の家庭用テレビは、350~500cd/㎡くらい
  2. スマホの液晶モニターは、140~160cd/㎡くらい
  3. パソコンのモニターは、100~150cd/㎡くらい


目が疲れる原因として、ブルーライトを見続けるからです。輝度が高くなれば、比例してブルーライトの量も多くなります。


対策としては、最適な輝度に合わせることが重要になります。具体的な数値を知ることができたけど、実際にどのようにしてモニターを調整したらいいのでしょうか?


そこで以下より、モニターを最適な明るさへ設定できる手順を紹介します。



モニターを目に優しい明るさに調整する方法


モニターは初期設定のまま使用しないで、しっかりと設定する必要があります。安易に入手できる白い紙などを使って最適化します。


①白い紙を用意します


真っ白だと何でもOKです。コピー用紙や白い封筒などで十分です。


➁PCからメモ帳アプリを開きます


何も入力していない状態でメモ帳アプリを全画面に表示します。先ほど準備した白い紙をモニターのすぐ横に並べます。


➂目に最適な明るさに設定


白い紙の明るさに近くなるようにモニターの明るさを調整します。


この方法で、目に与える負担は軽減できるようになります。試してみる価値ありです。


PCモニターの明るさ調整を行う手順は、下記記事から紹介しています。


パソコンの明るさを調整する方法【Windows10】



おわりに


今回は、PCモニターを目に優しい明るさに設定する方法を紹介しました。一般家庭の室内やオフィス内で丁度いい設定になります。


モニターと室内の明るさの差を少なくすることが理想的です。屋外や暗い部屋など使用環境によっては、紹介した方法が適さないこともあります。


ドライアイなどの症状で悩まされている場合は、スクリーンフィルターをモニターに張り付けて使用してみると改善が期待できます。目の疲れから引き起こされる肩こりや頭痛にも効果あり。



48%のブルーライトを大幅にカットしてくれる良い商品です。リーズナブルな値段なのもいいですね。



タイトルとURLをコピーしました