Windows7にMicrosoft Edgeを導入する方法


2020年1月に新しくリリースされたWebブラウザーのMicrosoft Edgeは、Microsoftからのサポートが終了したWindows7(ServicePack1)にインストールが可能となっています。Microsoftの公式ページからセットアップファイルが配布されているので、安全に導入してWindows7での使用が可能です。


それでは、導入方法をみていきましょう。



Windows7にMicrosoft Edgeの導入手順


Windows7にMicrosoft Edgeを導入するための2つの手順を紹介します。

  • 手順①:Microsoft Edgeのダウンロード
  • 手順➁:Microsoft Edgeのインストール


Microsoft Edgeのダウンロード


Microsoft Edgeの公式ページから、パソコンにセットアップファイルをダウンロードしましょう。


「新しいMicrosoft Edgeをご紹介します。」のページ画面が表示されます。



「矢印」をクリックしたら、OSの一覧が出てくるのでWindows7を選びます。



「ダウンロードWindows7用」をクリックします。



Microsoft Edgeの利用規約ページが表示されます。画面の右下にある「同意してダウンロード」をクリックしたら、セットアップファイルがダウンロードされます。ファイルは、「ダウンロード」フォルダーの中に保存されます。



Microsoft Edgeのインストール


Micorsoft Edgeのセットアップファイルを実行します。画面の下側にある「実行」をクリックします。もしくは、「ダウンロード」フォルダーにあるセットアップファイルを右クリックして、「管理者として実行」を選択してからでもファイルの実行ができます。



「ユーザーアカウント制御」の確認画面が出たら、「はい」をクリックします。



インストールの作業が行われているので、少し時間が掛かります。



「Microsoft Edgeへようこそ」のページが表示されたら、Microsoft Edgeのインストールは完了です。「始める」をクリックして簡単な設定を行っていきます。



Internet Explorer からの設定を引き継ぐ場合は、「Internet Explorerからインポート」を選択します。引き継がない場合は、「インポートしないで続行」を選択して「次へ」をクリックします。どちらを選んでも、この後に設定する手順は同じです。また、後からインポートで設定可能です。



次に、背景のデザインを3種類の中から選んで、「次へ」をクリックします。(※ここでは「シンプル」を選択していますが、いつでも変更できます)

  • 「イメージ」は、背景に風景などの写真が入いるデザインになります。
  • 「ニュース」は、最近のニュースの見出しや天気予報などの情報が載っているトップページになります。
  • 「シンプル」は、背景が白色でシンプルなデザインになっています。



Microsoftアカウントを持っている場合は、「サインインしてデータを同期」を選択することが可能です。指示に従って、アカウント情報などを入力して進めていきます。持っていない場合は、「サインインしないで続行」から次へ進みます。Microsoftアカウントを持っている場合でも選択可能です。(※ここでは「サインインしないで続行」を選択してます。)これで、Windows7にMicrosoft Edgeを導入する操作は完了です。



ソフトウェアのアップデートを行ってセキュリティ対策を万全にしましょう。Microsoft Edge 更新プログラムをチェックする方法 [Windows]で手順紹介しているので、ぜひ合わせてご覧になってください。


Windows7でMicrosoft Edgeの使用に関する注意


Microsoftは、「Windows7用のMicrosoft Edgeのサポートを2021年7月15日で終了」と公式に発表しています。それ以降での使用は、セキュリティの安全は保障されません。OSをWindows10にアップデートしての使用を検討するか、新たにパソコンの購入をおすすめしています。



タイトルとURLをコピーしました