Microsoft Edgeのアップデート方法【更新プログラムの確認】


インターネットを安全に利用するために、Webブラウザーを最新の状態にアップデートを行う必要があります。ウイルスなどの脅威からパソコンを守ることが一番の目的になりますが、ページ表示のスピード改善や新機能の追加なども含まれます。



本記事では、マイクロソフトの標準ブラウザーになったMicrosoft Edgeのアップデート手順を紹介します。新リリースされた「Microsoft Edge」を用いて説明しているのでご注意ください。


旧バージョンを使用している場合は、新バージョンへのアップグレードをおすすめします。アップグレード手順は下記記事からご覧ください。


≫Microsoft Edge 新バージョンにアップグレードする方法【Windows10】



それでは、みていきましょう。



Microsoft Edgeをアップデートしてみよう


アップデート(更新プログラムを確認)する手順は2つあります。

  1. 「Windows Update」
  2. エッジのブラウザー


①「Windows Update」


新バージョンのMicrosoft Edgeは、Windows Updateから自動的にアップデートされるようになっています。アップデートの状況を早急にチェックしたい場合、Windows10 更新プログラムの確認方法【Windows Update】で詳しく説明しています。ぜひご覧になってください。


②エッジのブラウザー画面


ブラウザー画面が開いたら、右上にある「…」をクリックします。



メニューが表示されたら「設定」をクリックします。



「設定」のページが開くので、画面左側のメニューから「Microsoft Edgeについて」をクリックします。



「バージョン情報」のページに切り替わると、更新プログラムの確認が始まります。新しい更新ファイルが配布されていたら、自動的にアップデートされます。



アップデートが完了したら、Microsoft Edgeの再起動が要求される場合があります。「再起動」のボタンをクリックしておきましょう。



以上で、Microsoft Edgeのアップデート操作は終了です。



タイトルとURLをコピーしました