Windows10 パスワードの入力を省略する方法 【自動ログイン】


パソコン本体の電源ボタンを押してOSを起動させると、途中でサインイン画面が出てきます。パスワードの入力が要求され、Windows10にアクセスするためのセキュリティ対策用の画面になります。毎回、キーボードでタイピングして起動させることは、時間が掛かって大変です。その様な時は、「ユーザーアカウント」からパスワードの省略ができるので活用してください。



省略の方法を紹介する前に、ひとつ注意点を説明します。自動ログインとは、サインイン画面が省略されてWindows10が自動的に立ち上がることです。誰でも簡単にパソコン内にあるデータにアクセスが可能になるため、セキュリティの低下に繋がる恐れがあります。他の人が勝手にパソコンを使用できる場所などでは、自動ログインの設定を解除しての使用がおすすめです。


パスワード入力の省略は、「時間の短縮ができる」「すぐに使用可能状態になる」などといったメリットがあります。メリットとデメリットを理解した上で、設定を行っていきましょう。


パスワードの省略と解除設定 [Windows10]


「netplwiz」というコマンドを使用することで、パスワードの設定が変更できるようになります。それでは、Windows10で手順の説明をしていきます。


パスワードの省略方法 【自動ログイン化】


Windows10デスクトップ画面の左下にある「🔎ここに入力して検索」のボックス内に、半角英数字で「netplwiz」と入力します。



次に、「netplwiz コマンドの実行」をクリックします。



「ユーザーアカウント」のウインドウが表示されます。「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」にある「✓」マークをクリックして消します。

※「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」の項目が表示されていない場合は、こちらをご覧になってください。

>>Windows10 パスワードの省略設定ができないときの対処法



「✓」マークが消えたことを確認できたら、「適用」をクリックします。



「自動サインイン」のウインドウが出てきます。2つのボックス内に、サインイン時に使用している認証用のパスワードを入力します。



「OK」ボタンをクリックします。これで自動ログインの設定が完了となります。一度、Windows10を再起動してサインインが省略されているか確認してみてください。



パスワードの省略を解除する方法 【自動ログインの解除】


自動ログインを解除したい場合は、手順①から➂の順番通りに進めてください。基本手順は上のページで説明した省略方法と同じなので、詳しい内容はそちらを参考にしてください。


手順①:Windows10デスクトップ画面の左下に、半角英数字で「netplwiz」と入力して「ユーザーアカウント」のウインドウを表示させます。

手順➁:「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」にあるボックスに「✓」マークを付けます。

手順➂:「OK」ボタンをクリックしたら、自動ログインは解除されます。


スリープ解除時でもパスワードの省略が可能


一定時間、パソコンを使用しないで放置しているとモニターの電源が切れてスリープ状態になります。スリープ状態から復帰する際に、サインイン画面が表示されてパスワードが必要になります。同様に、省略することが可能なので設定の方法を紹介します。

>>スリープ状態とは? [Windows10]


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンから「設定」を順番にクリックします。「Windowsの設定」が開いたら「アカウント」をクリックします。



「アカウントの設定」が表示されます。画面の左側から、「サインインオプション」をクリックします。次に、画面の右側から「サインインを求める」にある「PCのスリープを解除する時間」をクリックします。



「PCのスリープを解除する時間」から、「常にオフ」に選択します。これで、スリープ状態から復帰した場合でもサインインが省略されるようになります。



パスワードは忘れないようにしましょう!


Microsoft Storeからアプリのインストール時など、Windows10の起動以外の時でもパスワードは必要になります。必ず忘れないようにメモを取って保管してください。

Windows10でアカウントのパスワードを変更する方法の紹介をしています。Microsoftアカウントとローカルアカウントの両方から変更ができるので、合わせてご覧になってください。



タイトルとURLをコピーしました