Windows10 PC起動時のパスワード入力を省略【自動ログイン】


パソコン本体の電源ボタンを押して、Windows10の起動をするとサインイン画面が表示されます。Windows10にアクセスするためにはパスワードが要求され毎回の起動時に必要です。本記事ではパスワード入力を省略して、Windows10のデスクトップ画面まで自動表示させる方法を紹介します。


自動ログインのため省略の設定すると、誰でも簡単にパソコン内にアクセスができるようになります。個人情報が盗まれる危険があるので、他の人が勝手にパソコンの使用できる場所では、自動ログインの設定を解除してからの使用をオススメします。


サインイン画面の省略にはWindows10起動までの時間が短縮できるため、すぐに使用可能になるといったメリットがあります。メリットとデメリットを理解しから、省略させるための設定を行っていきましょう。


それでは、みていきましょう。



Windows10のパスワード省略と解除


「netplwiz」というコマンドを使用して、Windows10のサインイン画面の省略ができます。省略した設定を元に戻すことも可能になので気軽にどうぞ。


Windows10の自動ログイン化【省略】


Windows10タスクバー左端の方にある「🔎ここに入力して検索」のボックス内に、半角英数字で「netplwiz」と入力します。



「netplwiz コマンドの実行」をクリックします。



「ユーザーアカウント」が表示されたら、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」にある「✓」マークを外します。

「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」の項目が表示されていない場合は、Windows10 パスワードの省略できないときの対処法【自動ログインできない】で対処法を紹介しています。



「✓」マークが消えたことを確認できたら、「適用」をクリックします。



「自動サインイン」が表示されるので、2つのボックス内にサインイン時に使用しているパスワードを入力します。



「OK」ボタンをクリックします。これで自動ログインの設定が完了となります。一度、Windows10を再起動してサインイン画面が省略されているか確認してみてください。



自動ログインの解除【省略の解除】


自動ログインを解除したい場合は、手順①から➂の順番通りに進めてください。基本的な手順はパスワード省略と同じ方法なので、詳しい内容はそちらを参考にしてください。


手順①:Windows10タスクバー上の検索ボックスに、半角英数字で「netplwiz」と入力して「ユーザーアカウント」を表示させます。

手順➁:「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」にあるボックスに「✓」マークを付けます。

手順➂:「OK」ボタンをクリックしたら、パスワード省略は解除されます。


スリープ解除時のパスワード省略が可能【Windows10】


一定時間、Windows10パソコンを使用しないで放置しているとモニターの電源が切れてスリープ状態になります。スリープ状態から復帰した際はパスワードの入力が要求されますが、サインイン画面を省略することは可能なので方法を紹介していきます。

スリープ状態については、Windows10 スリープの種類と設定方法【省電力機能】で紹介しています。


Windows10タスクバーの左端にある「スタート」ボタンから「設定」を順番にクリックします。「Windowsの設定」が表示されたら、「アカウント」をクリックします。



「アカウントの設定」が開いたら、左側メニューから「サインインオプション」を選択。次に画面の右側から「サインインを求める」の欄にある「PCのスリープを解除する時間」をクリックします。



「PCのスリープを解除する時間」から、「常にオフ」に選択します。スリープ状態から復帰した場合、サインイン画面が省略されるようになります。



省略してもパスワードは忘れないようにしましょう!


Microsoft Storeからアプリをインストールする時など、Windows10の起動以外の時でもパスワードは必要になります。PC起動時のパスワード省略の設定を行っても、忘れないようにしてください。


覚えやすいパスワードに変えてみることもオススメです。変更の手順は下記記事から説明していますので、ご覧になってください。


≫Windows10 PC起動時のパスワード変更【ユーザーアカウント】



タイトルとURLをコピーしました