パソコンのスペックを確認する方法と調べ方【Windows10】


パソコン販売店で購入を検討している際、パソコンのスペックを調べたいと思わないですか?

  • パソコンに搭載されているCPUやメモリなど各パーツの性能を知りたい。
  • ゲームメーカーから推奨されているスペックを満たしているか確認したい。
  • 現在、使っているパソコンの動作が遅い(重い)ためスペックを確認したい。


このような方に向けた内容になっています。


本記事では、パソコンに搭載されている各パーツのスペックを確認する方法を紹介します。

  • パソコンのスペックを確認する方法・調べ方
  • パソコンのスペックの測定と目安


OSのバージョンを同時に確認できるため、アップデート状況を知りたい場合にも便利です。


それでは、みていきましょう。


パソコンのスペックを確認する方法・調べ方


パソコンのスペックを確認するための2つの方法を紹介します。

  1. 「システムの設定」:CPUやメモリなど各スペックの基本情報が載っている。
  2. 「DirectX診断ツール」:GPU性能の詳細があるため、PCゲームをする人向け。


「システムの設定」からの調べ方①


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンをクリックして、スタートメニューを開けます。



マウスカーソルを「歯車」のアイコンの上に移動させて、「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示したら、「システム」をクリックします。



「システムの設定」が開いたら、画面左側のメニューから「詳細情報」をクリックします。
画面右側に「詳細情報」が表示されるので、「デバイスの仕様」と「Windowsの仕様」からパソコンのスペックの確認ができます。



「システムの設定」からの調べ方➁


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリックして、メニュー画面を開けます。



右クリックメニューが開いたら、「エクスプローラー」をクリックします。



「エクスプローラー」が開きます。画面左側のメニューから「PC」を右クリックして「プロパティ」をクリックします。



「詳細情報」のページが表示されたら、パソコンのスペックについて確認できます。



「DirectX診断ツール」からの調べ方


Windows10タスクバー上にある「🔎ここに入力して検索」のボックスに、半角英数字で「dxdiag」と入力します。



メニューが出てくるので、「dxdiag コマンドの実行」を選択します。



「DirectX診断ツール」が表示されます。ここでは、WindowsのバージョンやCPU(プロセッサ)、メモリ(実装RAM)など、パソコンに搭載されている各パーツの基本スペックが記載されています。



「ディスプレイ」のタブでは、グラフィック性能について詳しく記載されています。
グラフィックボード(チップ)の種類やビデオメモリについてのスペックを確認できます。



以上で、パソコンのスペックを確認する手順は終わりです。



パソコンのスペックの測定と目安


Windows10で「WinSAT」を使ってパソコンのパフォーマンスを簡単に測定する手順になります。PowerShellを起動して「WinSAT」というソフトを実行させるだけのシンプルな測定手順です。


パフォーマンスの測定【エクスペリエンスインデックス】


Windows10のタスクバーの左端にある「スタート」ボタンを右クリックして、スタートメニューを開きます。



メニューから「Windows Power Shell (管理者)」の方を選んでクリックします。



「ユーザーアカウント制御」のメッセージが表示されるので、「はい」を選択します。



「管理者:Windows Power Shell」が開きます。



“winsat.exe formal”と入力して、Enterキーを押します。

「winsat.exe formal」をコピーして貼り付け可能。



「WinSAT」のプログラムが動作します。下端に「合計実行時間」が表示されたら終了です。



プログラム実行後に”Get-cimInstance Win32_Winsat”と入力して、Enterキーを押します。



パソコンのパフォーマンス測定の結果が確認できるようになります。



以上で、操作は終了です。



各スコアの目安と意味


各スコアの意味は下記を参考にしてください。Windows10で3Dグラフィックスの測定は不可能なので、数値は9.9で表示されます。

スコア名意味(日本語)
CPUScoreプロセッサ
D3DScore3Dグラフィックス
DiskScoreハードディスク
GraphicsScoreグラフィックス
MemoryScoreメモリ(RAM)
WinSPRLevel基本スコア


Windows7用に紹介された基本スコアの目安(※Windows10の目安は未公開)。

スコア目安
1.0~1.9OfficeApplication等のビジネス目的、Internetやメール等の日常的な
使用目的であれば快適に使用できる。
2.0~2.9基本スコア1.0~1.9のApplicationをより快適に利用できる。
3.0~3.9Windowsの多くの機能が利用可能。
4.0~5.9複数のディスプレイ表示やHD動画の再生。
6.0~7.9HD動画の録画や高グラフィックスのApplicationも快適に動作する。



さいごに


ストレージの性能やモニターの解像度もスペック確認にとって重要な項目になります。


ストレージ性能とはデータ転送の速度ですが、SSDもしくはHDDのどちらかで決まります。どちらを搭載しているか知りたい場合は、Windows10でHDDかSSDか確認する方法【ストレージ種類の確認】をご覧になってください。


モニターの解像度については4KやフルHDがスタンダードになっています。ノートパソコンやPCモニターを選ぶ際は、こちらの方も参考にしてみたらいいと思います。



タイトルとURLをコピーしました