Microsoft Edge 新バージョンにアップグレードする方法 [Windows10]


Windows10に標準搭載されているMicrosoft Edgeは、2020年1月より新しいバージョンとなって登場しています。アイコンのデザインが変わり、オープンソースのGoogole Chromeをベースとして設計し直されています。


新バージョンのMicrosoft Edgeは、Windows8.1やWindows7にも提供が行われ、Windows10以外にも幅広く対応できるようになっています。さらに、macOS、iOS、Androidとの互換性があって、様々な場面で活用できるでしょう。


Windows7への導入手順を紹介しています。下記からアクセスしてご覧ください。


基本的には、Windows Updateから新バージョンにアップグレードされるようになっています。しかし、旧バージョンを使用している場合は手動でアップグレードを行うことも可能なので手順の紹介をしていきます。


それでは、アップグレードしてみましょう。


Microsoft Edgeをアップグレードする手順


アップグレードのためには、「Microsoft Edgeの公式サイト」にアクセスしてアップグレード用のファイルをダウンロードします。


Microsoft Edgeの公式ページが表示されると、赤枠で囲っている「矢印マーク」をクリックします。OSの一覧表が出てくるので「Windows10」を選択します。



Windows10を選んだら、「ダウンロード」をクリックします。



「同意してダウンロード」をクリックしたら、アップグレード用のファイルが自動ダウンロードされます。



「実行」のボタンからダウンロードファイルが実行できます。



「ユーザーアカウント制御」のウインドウが出てきます。「はい」を選択して、インストールを始めます。



「Microsoft Edgeをダウンロードしています」の画面が開くので、少しの時間待ちます。



「Microsoft Edgeを閉じて、新しいバージョンをインストール」のメッセージが表示される場合があります。その場合は、Microsoft Edgeのブラウザーは全て閉じて「閉じて実行」のボタンをクリックします。



「Microsoft Edgeをインストールしています」の画面になるので、さらに少しの時間待ちます。



インストールが完了したら、「新しいMicrosoft Edgeへようこそ」のウインドウが表示されます。「始める」のボタンから、ブラウザーの設定を始めていきましょう。



「ユーザーデータを使用してブラウザーを設定しましょう」の画面になります。「Google Chromeからインポート」「インポートしないで続行」から好みの方を選んで「確認」をクリックします。(※ここの説明では「インポートしないで続行」を選んでいます)

  • 「Google Chromeからインポート」:Google Chromeで使用している設定内容を同期できます。
  • 「インポートしないで続行」:何もしないで、自分でカスタマイズを行う。



「新しいタブページを設定しましょう」の画面では、背景の設定を決めることが出来ます。(※ここの説明では「シンプル」を選んでいます)

  • 「イメージ」:背景に風景などの画像が表示されます。
  • 「ニュース」:ニュースの一覧が出てきます。
  • 「シンプル」:背景画のないシンプルなページ画面です。



最後に、「すべてのデバイスでお気に入りやパスワードなどを表示する」の画面になりますMicrosoftアカウントを持っていたら、「サインインしてデータを同期」を選ぶ事が可能です。指示に従って、アカウント情報を入力していく流れになります。Microsoftアカウントが無い場合は、「サインインしないで続行」をクリックします。Microsoftアカウントを持っていても「サインインしない」の選択が可能です。(※ここでは「サインインしないで続行」を選択しています)



全ての設定が完了となったので、Microsoft Edgeを新しいバージョンにアップグレードするための操作は終了です。



Microsoft Edgeのアップグレードができたら、更新プログラムのチェックを行いましょう。アップグレード後、安全にブラウザーを使用するためにも大切な操作手順です。



タイトルとURLをコピーしました