Microsoft Edge 新バージョンにアップグレードする方法【Windows10】


マイクロソフトの標準ブラウザーになるMicrosoft Edgeは、2020年1月より新しいバージョンとなって再登場しています。オープンソースのGoogole Chromeをベースにして構築し直され、アイコンのデザインが変更されています。


本記事では、旧バージョンのMicrosoft Edgeから新バージョンにアップグレードする手順を紹介します。「Windows Update」から自動的にアップグレードされている場合もありますので、事前に確認を行っておきましょう。


新バージョンはWindows8.1やWindows7にも提供が行われていて、Windows10のOS以外にも幅広く対応しています。Windows7へのインストール手順は、Windows7にMicrosoft Edgeを導入する方法で紹介しています。


それでは、アップグレードの操作手順をみていきましょう。


Microsoft Edgeをアップグレードする手順


アップグレードを行うためには、Microsoft Edgeの公式サイトにアクセスして、アップグレードファイルをダウンロードします。


上記アドレスにアクセスして公式サイトを表示させます。赤枠で囲っている「矢印マーク」をクリックします。OSの一覧表が出てくるので「Windows10」を選択します。



Windows10を選んだら、「ダウンロード」をクリックします。



「同意してダウンロード」をクリックしたら、アップグレードファイルがダウンロードされます。



「実行」のボタンからダウンロードファイルが実行できます。



「ユーザーアカウント制御」のウインドウが出てきます。「はい」を選択して、インストールを始めます。



「Microsoft Edgeをダウンロードしています」の画面が開くので、少しの時間待ちます。



「Microsoft Edgeを閉じて、新しいバージョンをインストール」のメッセージが表示される場合があります。使用中のブラウザー画面は全て閉じてから、「閉じて実行」のボタンをクリックします。



「Microsoft Edgeをインストールしています」が表示されるので、少しの時間待ちます。



インストールが終了したらアップグレードは完了です。「新しいMicrosoft Edgeへようこそ」が表示されるので、「始める」のボタンからブラウザーの設定を始めていきましょう。



「ユーザーデータを使用してブラウザーを設定しましょう」の画面になります。「Google Chromeからインポート」「インポートしないで続行」から好みの方を選んで「確認」をクリックします。
※ここの説明では「インポートしないで続行」を選んでいます。

  • 「Google Chromeからインポート」:Google Chromeで使用している設定内容を同期できます。
  • 「インポートしないで続行」:何もしないで、自分でカスタマイズを行う。



「新しいタブページを設定しましょう」の画面では、背景の設定を決めることが出来ます。
※ここの説明では「シンプル」を選んでいます。

  • 「イメージ」:背景に風景などの写真が表示されます。
  • 「ニュース」:ニュースの一覧が出てきます。
  • 「シンプル」:背景画のない白色ページの画面です。



「すべてのデバイスでお気に入りやパスワードなどを表示する」の画面になります。Microsoftアカウントを持っていたら、「サインインしてデータを同期」を選ぶ事が可能です。指示に従って、アカウント情報を入力していく流れになります。Microsoftアカウントが無い場合は、「サインインしないで続行」をクリックします。Microsoftアカウントを持っていても「サインインしない」の選択が可能です。
※ここでは「サインインしないで続行」を選択しています。



全ての設定が完了となりました。新しいバージョのMicrosoft Edgeにアップグレードする操作は終了です。



アップグレード後は、更新プログラムの確認をしましょう


Microsoft Edgeのアップグレードが完了したら、更新プログラムのチェックを行いましょう。アップグレード後、ブラウザーが安全に使用できるために大切な操作手順になります。下記記事からどうぞ。


≫Microsoft Edgeのアップデート方法【更新プログラムの確認】



タイトルとURLをコピーしました