パソコンの明るさを調整する方法【Windows10】


パソコンのディスプレイの明るさを調整する方法を紹介します。目の疲れやドライアイに悩まされている場合は、一読の価値ありです。


パソコンのディスプレイの明るさ調整は、キーボードで行う手順とWindows10の標準機能から行う手順の2種類を紹介します。


それでは、みていきましょう。



パソコンの明るさ調整を行うための手順


以下、パソコンのモニターの明るさを調整するための手順を2つ紹介します。


キーボードから輝度の調整


モニターの明るさをキーボードで調整する場合は、使用しているパソコンのキーボードによって操作方法が違います。


「Function」の1から10のキーで変更できることが多いのですが、お使いのキーボードに付属している説明書を確認してください(調整機能がないキーボードもあります)。


Windows10の標準機能から輝度の調整


Windows10の標準で搭載されている機能からパソコンの明るさ調整を行いきます。以下、2つの方法を紹介していきます。

  1. 「システムの設定」から調整
  2. アクションセンターから調整


①「システムの設定」で明るさの調整

Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンをクリックして、スタートメニューを開けます。



メニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」アイコンの上に移動して「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開いたら「システム」を選択します。



「システムの設定」が表示されるので、画面左側の「ディスプレイ」を選択します。
次に、画面右側の「内臓ディスプレイの明るさを変更する」のつまみをクリックしたまま左右に動かします。どこでもいいいのでスライドバー内をクリックしても変更できます。

「内臓ディスプレイの明るさを変更する」のスライドバーが表示されていない場合は、使用しているディスプレイが非対応のため変更ができません。ディスプレイ本体のみから変更可能です。



システム画面からパソコンの明るさ調整の手順は以上です。



➁アクションセンターで明るさの調整


タスクバー右端にあるアイコンをクリックして、アクションセンターを開けることができます。



アクションセンターの画面が開いたら「展開」をクリックします。



下記画面が表示されます。スライドバーが下端にあるので調整可能になっています。



アクションセンターでパソコンの明るさ調整の手順は以上です。



パソコンのモニターを適正な明るさの値とは?


パソコン画面は、明るすぎても暗すぎても目に負担を与えます。ストレスや疲れを感じる要因のひとつです。


モニターから発せられるブルーライトが目に悪影響を与えるため、適正な輝度について知る必要があります。


下記記事から、パソコンのモニターの輝度を適正値に設定する方法を紹介しています。パソコンから目の負担を軽減させるためには、ぜひ見て欲しい内容になっています。


≫PCモニターを目に優しい明るさ設定にしよう【輝度の基準】


パソコンのモニター画面に保護フィルムを張り付けて、さらに目の疲れを軽減させることができます。



48%のブルーライトをカットできるため、非常に良い商品です。



タイトルとURLをコピーしました