Windows10にDirectX9をインストール【古いゲームの起動が可能】


Windows10で古いゲームを起動させるためにはDirectX9のインストールが必要になります。DirectXとは、Windowsのコンピュータ上でゲームや動画などのグラフィックスを高速処理するためのAPIのことで、ゲームをプレイする上では欠かせないプログラムになります。


本記事ではマイクロソフト専用のWebページからプログラムファイルをダウンロードして、パソコンへのインストールが完了するまでの手順を紹介します。難しい操作方法は一切なく、簡単に安心して導入できるようになっています。


それでは、みていきましょう。



Windows10にDirectX9のインストールを行うまでの手順


「DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ」が必要になるため、下記リンクからアクセスして、マイクロソフトのWebサイトを表示させます。

≫マイクロソフト専用のWebページ(ダウンロードセンター)



下方向にスクロールして「ダウンロード」のボタンをクリックします。



EXEファイルのダウンロードが行われます。次に「ファイルを開く」をクリックします。

通常、Windows10のダウンロードフォルダーに「dxwebsetup.exe」が保存されているので、EXEファイルからの起動も同じこと。



「ユーザーアカウント制御」の画面が出てくるので、「はい」を選択します。



このような画面が表示されます。規約に同意できる場合は「同意します」を選択して、「次へ」をクリックします。



Bingバーを導入したい場合は「Bingバーをインストールする」に✓マークを付けて、「次へ」をクリックします。



この画面では「次へ」のボタンをクリックした後に、インストールまでの作業が自動的に行われます。



このような画面に変わるので、作業完了まで少し時間が掛かるため少し待ちます。



Windows10にDirectX9が導入されました。「完了」のボタンから作業画面を終了させます。



Windows10にDirectX9のインストールを行う理由とは?


多くの古いゲームソフトはDirectX9まででしか起動できないことから、起動時にエラーメッセージが表示されます。


Windows10に標準搭載されている最新バージョンの12には、DirectX9に含まれている特定のファイルが入っていないため、ソフトによっては正しく動作しない場合があります。そのため、マイクロソフトから提供されている「DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ」を別途インストールして、必要なファイルを入手する必要があります。


カプコンから販売されているバイオハザードRE2のように旧バージョンのDirectX9を必要とする場合があるため、Windows10では事前にインストールしておくことをオススメします。



「DirectX9」と「DirectX12」の関係性について【Windows10】


DirectX9とWindows10の最新バージョンの12は、共に存在できるようになっています。そのため、旧バージョンのDirectX9を追加インストールしても、上書きが行われることなく別々のプログラムとして認識されます。古いゲームの起動ができるようになったことと、今まで通り新しいゲームも安心してプレイ可能です。



タイトルとURLをコピーしました