Windows10 タスクバーの大きさを変える方法【サイズ変更】



Windows10のタスクバーの中にアイコンが増えてくるとゴチャゴチャして見ずらくなります。短い時間で目的のアプリを探し出すことが困難になってくるのではないでしょうか。



下記の写真のようにWindows10のタスクバーの大きさを変えることで、アイコンの整理ができて見やすくなります。本記事では、固定化を解除して大きさを変えるための方法を紹介していきます。



それでは、みていきましょう。



タスクバーの大きさを変えるための2つの手順


大きさを変えると言っても、ここの説明ではサイズを大きくさせるための手順になります。シンプルな手順を2つ紹介してるので、好みの操作手順から大きさを変えてみましょう。尚、サイズを小さくしたい場合はこの後で紹介しています。必要な方場合は、そちらへどうぞ。


①タスクバーのメニュー画面


Windows10タスクバーの何もないところで右クリックします。メニューが開いたら、「固定する」を選択します。この時に✓マークが外れます。



タスクバーの上部にマウスカーソルを合わせて、カーソルの形が変わったら動かすことができます。左クリックを押している状態で、好みの大きさに変更できるようになります。

設定後、誤って大きさが変わらないように、「固定する」に✓マークを付け直しておきましょう。



➁設定の画面


Windows10タスクバーの何もないところで右クリックします。メニューが開いたら、「設定」を選択します。



設定の画面が開いたら、「ロックする」をオンからオフにします。タスクバーの上部にマウスカーソルを合わせたら動かすことが可能になります。



Windows10のタスクバーを小さくする


作業画面を少しでも広く確保したい時にオススメの手順になります。操作の手順はシンプルになっているので、是非チャレンジしてみてください。


Windows10タスクバーの何もないところで右クリックします。メニューが開いたら、「設定」を選択します。



「ボタンを使う」をオフからオンにします。



下記の写真がサイズ反映された状態です。「ここに入力して検索」のボックスが省略されて少しデザインが変わりますが、使い方は基本的に同じです。



Windows10で作業画面を最大限に使いたい場合は、タスクバーを自動的に隠すことができます。操作方法は非常にシンプルになっているので、下記からご覧になってください。



タスクバーの位置が四方にあっても大きさ変更は可能


下記の写真のように画面の左側にある場合でも、固定を解除してから大きさの変更は可能できます。



こんな感じで、大きさが反映されます。

上側や右側に位置していても同様の効果が得られます。



Windows10タスクバーの位置を移動させるための手順はシンプルです。興味があればご覧になってください。



その他に、色の変え方を紹介しています。下記からアクセスしてご覧になれます。



タイトルとURLをコピーしました