Windows10のシステムフォントを変更してみょう


「Windows10 フォントが汚いので一発変更!」というアプリを用いて、Windows10のシステムフォントを変えることができます。


そこで今回は、アプリの無料ダウンロードとフォント変更の手順について紹介します。


それは、みていきましょう。


Windows10のシステムフォント変更前に、游ゴシック体について紹介


Windows10の標準フォントは「游ゴシック体」になっています。字面は小さめに設計されていて文字間にゆとりのスペースを持っているために、個々の文字の識別性に優れています。長文でも読みやすいフォントです。



Windows10でフォント変えるための手順


下記のリンクから、ファイルがダウンロードできます。

≫「Windows10 フォントが汚いので一発変更!」


Webページが開いたら、「ダウンロードページへ」のボタンをクリック。
ダウンロードファイルを任意の場所に保存しましょう。



ダウンロードファイルを解凍してから、「FontChanger.exe」というファイルを実行します。4つの種類から、好みのテキストを指定します。

「Windows Vista/7」の選択で、人気のあるメイリオに変わります。



以上で、Windows10のシステムフォントを変える手順は終了です。



Windows10で游ゴシック体を見やすくする手順【ClearType】


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリ一覧の中にある「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」をクリックします。



「コントロールパネル」が表示したら、「デスクトップのカスタマイズ」を選択します。



下記画面が開いたら、「フォント」をクリックします。



画面左側のメニューから「ClearTypeテキストの調整」を選択します。



「ClearTypeテキストチューナー」が開きます。
「ClearTypeを有効にする」のボックスに✓マークを付けることで、テキストが鮮明になって読みやすくなります。



下記画面で、モニターがネイティブの解像度に設定されていることを確認します。

ネイティブの解像度に設定とは、モニターがサポートできる最高の解像度のこと。



以下では、最も読みやすいテキストを選びます。



以上で、Windows10の游ゴシック体を見やすくする手順は完了です。



タイトルとURLをコピーしました