Windows10のシステムフォントを変更【見やすい・読みやすい】


「Windows10 フォントが汚いので一発変更!」というソフトウェアを用いて、Windows10のシステムフォントを変更する方法を紹介します。ソフトウェアのダウンロードとフォント変更するための手順についてご案内します。


それは、みていきましょう。


Windows10の標準フォントは「游ゴシック体」


Windows10の標準フォントである游ゴシック体は、長文でも読みやすくなっています。字面は小さめに設計されていて文字間にゆとりのスペースを持っているために、個々の文字の識別性に優れています。


Macのシステムフォントを游ゴシックに指定してWindows10と比較した場合、Windows10の游ゴシックの方が少しかすれて読みにくくなっています。ここで紹介する手順を利用してWindows10のシステムフォントを変更してみてはいかがでしょうか。


フォントの変更方法【Windows10 フォントが汚いので一発変更!】


≫Windows10 フォントが汚いので一発変更!

上記のダウンロードリンクにアクセスして実行ファイルを入手します。「ダウンロードページへ」のボタンをクリックしてダウンロードファイルを任意の場所に保存しましょう。



ダウンロードされたファイルを解凍してから、「FontChanger.exe」というファイルを実行します。「Windows OS」から変更したいテキストを指定します。パソコンの再起動を行う必要なく反映され、操作は完了になります。



Windows10で游ゴシック体を見やすくする手順【ClearType】


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、アプリ一覧の中にある「Windowsシステムツール」を選択してから「コントロールパネル」を順番にクリックします。



「コントロールパネル」が出てきたら、「デスクトップのカスタマイズ」を選択します。



「デスクトップのカスタマイズ」に切り替わったら、「フォント」をクリックします。



左側にあるメニューから「ClearTypeテキストの調整」を選択します。



「ClearTypeテキストチューナー」のウインドウが開きます。「ClearTypeを有効にする」のボックスに✓マークを付けることで、テキストが鮮明になって読みやすくなります。「次へ」のボタンをクリックします。



モニターがネイティブの解像度に設定されていることを確認できたら、続けて「次へ」のボタンを押します。

ネイティブの解像度に設定とは、モニターがサポートできる最高の解像度のこと。



ここでは最も読みやすいテキストを選んで、「次へ」のボタンをクリックして設定を行っていきます。これで、操作は完了になります。



タイトルとURLをコピーしました