Windows10でSSDのデフラグ自動機能を無効にして寿命を延ばす方法


音楽や写真ファイルをパソコンに保存するストレージに、ハードディスク(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)が用いられます。長い期間、パソコンを使用し続けるとデータの整理整頓を行うため「デフラグ」を実行するのですが、SSDの場合は基本性能が早いためデフラグは意味がないと考えられています。


Windows10はデフラグの代わりに「Trim(トリム)」コマンドという機能が実行されているため、専門家の間ではSSDのデフラグは推奨されていません。


Windows10のバージョン2004以降からデフラグを自動で行う機能が搭載されたため、本記事ではデフラグの自動機能を無効にする手順について紹介します。


パソコンのバージョン確認を行う方法は、パソコンのスペックを確認する方法 [Windows編]から紹介しています。Windows10のアップデートが必要な場合は、Windows10 更新プログラムの確認方法【Windows Update】を参考にしてください。


それでは、みていきましょう。



SSDの「Trim(トリム)」コマンドとは?


ソリッドステートドライブではデータの上書きができないため、古いデータを消去してから新しく書き込む手順が必要になります。複雑化した書き換え処理を効率良く行うことが、TRIMコマンドによって可能となっています。また、データの書き込み場所を均等に振り分ける「ウェアレベリング」という機能が付いているため、SSDの寿命を延ばす特徴があります。


Windows10のTrimコマンドについて深く知りたい方は、以下に紹介している専門ページを参考にしてみてください。

≫Trimとは | SSDのTRIM機能の役割は何ですか| Crucial Japan

≫TRIMコマンドとは何ですか | バッファロー


デフラグによるSSDのデメリットとは?【Windows10】


Windows10のデフラグは、書き換え作業によってデータ整理されますが、SSDは書き込み回数に制限があります。そのためSSDの寿命を縮める可能性があると考えられています。また、SSDはデータの読み書き速度が速いため、デフラグを行っても大きな違いがないと言われています。


SSDのデフラグ自動機能を無効に設定する手順【Windows10】


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリックします。



右クリックメニューが開いたら、「エクスプローラー」を選択します。



「エクスプローラー」が表示されたら、画面左のメニューから「PC」を選らびます。次に「ローカルディスク」を右クリックして「プロパティ」を選択します。



「ローカルディスクのプロパティ」が開いたら、「ツール」タブを選んで、「最適化」のボタンをクリックします。



「ドライブの最適化」が表示されたら、「設定の変更」をクリックします。



「最適化のスケジュール」のウインドウが出てくるので、「スケジュールに従って実行する(推奨)」から「✓」マークを外して「OK」ボタンのクリックします。自動デフラグを無効に設定できたため、操作は完了になります。



以上が、Windows10で自動デフラグを無効化にする手順になります。



HDDのデフラグは効果あり、自動化はオススメ。


長い期間、パソコンを使用しているとファイルの読み込み時間が長くなったり、Windows10の起動時間が以前よりも長くなったりします。HDD内のデータ整理ができてないことが原因である可能性があるため、デフラグは定期的に行うことがオススメです。HDDによるデフラグの実行方法は、Windows10 HDDのデフラグを行う方法【HDDの高速化・最適化】で紹介しています。パソコンのパフォーマンス改善にどうぞ。


下記記事から外付けSSDのおすすめ製品について紹介していますので参考までに。

≫【安い】外付けSSDの人気おすすめ9選



タイトルとURLをコピーしました