Windows10 「黒のメモ帳」のインストール方法と使い方【背景色が黒のメモ帳】


ウインドウ背景が黒色になっているメモ帳のアプリってご存じですか?


背景色が黒だと目の疲れが軽減されると言われています。Windows10のメモ帳から背景色を変更する方法はないので、専用アプリをインストールして利用します。


本記事では、「黒のメモ帳」というアプリケーションをWindows10にインストールする方法と簡単に使い方を紹介していきます。


それでは、みていきましょう。



Windows10 「黒のメモ帳」のインストール【Black Notepad】


≫「黒のメモ帳」のダウンロードページ

上記のダウンロードページから、「Black Notepad」のWebページに移動します。「Get」をクリックしてファイルがダウンロードされるようになります。



メッセージ画面が出てくるので、「開く」を選択します。



「Microsoft Sore」の画面が表示されるので、ここで「入手」をクリックします。



下記のような画面になってダウンロードとインストールが開始されるので、完了するまで待ちます。



インストールが終了したら、Windows10の「スタート」ボタンから「Black Notepad」を起動させることができます。



標準の「メモ帳」アプリと似ていて、馴染みのあるインターフェイスになっています。日本語表記に変更できないことが残念なポイントです。



「黒のメモ帳」の使い方


Windows10の標準アプリ「メモ帳」と非常に似ていて、基本的な使い方は同じになります。英語表記になっているので慣れは必要かもしれません。ここでは、追加された機能の「Font Colour」について紹介していきます。

≫Windows10 メモ帳の起動方法と使い方



Font Colour【フォントを色を変える】


初期のフォントカラーは白色になっていますが、明るい緑色に変更することができるので手順を説明します。
「黒のメモ帳」を起動させたら、「Format」タブから「Font Colour」→「Light Green」の順番にクリックします。



フォントの色が変わったことを確認してみましょう。

白色に戻したい場合は「White」を選択するだけです。



Windows10標準機能でメモ帳の背景色を黒に変える手順


Windows10の標準機能から「メモ帳」の背景を黒色に変える手順の紹介です。アプリのインストールを行いたくない場合は、少し強引な手順になりますが参考にこちらもどうぞ。

≫Windows10 背景が黒色の「メモ帳」アプリを使用してみよう



タイトルとURLをコピーしました