Windows10 背景が黒色の「メモ帳」アプリを使用してみよう


パソコンで作業する周りの環境や目の疲れを軽減するために、モニター画面は黒色に変更して作業すると良いと言われています。Windows10標準機能の「ダークモード」に対応しているアプリのウインドウ画面の背景を黒色に変えることが可能になります。


非対応アプリになるメモ帳から、Windows10標準機能のハイコントラストを変更して黒色のメモ帳を起動させてみます。


本記事ではフリーソフトを使用した黒色のメモ帳も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。それでは、みていきましょう。



メモ帳の背景を黒色への変更方法【Windows10】


Windows10のタスクバー左端の「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



メニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」マークのうえに移動させて「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開いたら「個人設定」を選択します。



画面左側のメニューから「背景」を選択して、少し下方向にスクロールして「ハイコントラスト設定」をクリックします。



「ハイコントラストをオンにする」をオンに変更します。



画面設定を行うために青色の画面に切り替わります。少しの時間待ちます。



パソコンの画面が全体的に黒くなります。「メモ帳」アプリを起動させると背景が黒色になっている状態で使用できます。

メモ帳の機能からでは黒色に変えることはできません。



元の設定に戻したい場合は、「ハイコントラストをオンにする」をオフに戻すだけでOKです。



Windows10 黒色のメモ帳【フリーソフト紹介】


背景が黒色になっているメモ帳のフリーソフトを2つ紹介します。Windows10での起動が可能なので、よく活用される場合はフリーソフトの利用はオススメになります。



黒のメモ帳【Black Notepad】


「黒のメモ帳」のダウンロード(Microsoft Store)

「Get」のボタンから順序に従ってインストールを行います。Microsoft Storeから提供されているため安全に導入できます。



Windows10の標準アプリ「メモ帳」と同じようなインターフェイスになっています。使い方も非常に似ていて、黒くなっただけのような感じです。日本語に対応していないことが残念ですが、シンプルな機能のみなので直感的に操作ができるようになっています。



WinToolsによる黒いメモ帳


「WinToolsによる黒いメモ帳」のダウンロード(公式ページ)

公式ページが開いたら、「8.Download」をクリックします。次の画面が表示されたら、「Black NotePad」のダウンロードリンクからファイルの入手ができます。



インストール不要でレジストリ変更の必要がなくお手軽に使用できます。背景色を黒以外にも変更することが可能だったり、マークやラインして目印を付けることもできます。多くの機能が搭載されたメモ帳といった感じです。こちらも日本語に対応していないので操作に慣れるまで少し時間が必要になりますが、直感的に操作できるのでぜひ試してみてください。



メモ帳の使い方【Windows10】


「メモ帳」アプリについて網羅的に紹介しています。全ての機能を使いこなしてみたい場合は、ぜひ下記からご覧ください。

≫Windows10 メモ帳の起動方法と使い方



タイトルとURLをコピーしました